多摩川・発電所〜河辺
canoe logo


2005・7th 多摩川 "発電所" ⇒ "河辺・球技場"  (約14km) 2005.09.23 晴れ時々曇り


いよいよ多摩川完全制覇である。
別に河口まで行くわけではないので、完全制覇でもなんでもないが、
御岳の発電所から河辺の球技場まで下れば、取りあえず、完全制覇といってもいいだろう。
全行程14Km。
今回もソロ。ぐずぐずして出発は11時になる。

11:50に河辺の市民球技場に到着。
タクシーを呼んで河辺駅へ向かう。さすがに発電所までタクシーで行くのはきついのだ。
河辺の駐車場は17時に施錠されるので、あまり余裕はない。
漕行時間を2時間半と見積もる。
14時スタートで2時間半なら16時半に着くだろう。撤収が間に合わなければ、
車だけ移動すればいいと安易に考えた。

12:19の電車に乗り、青梅で奥多摩行きに乗り換えて12:51御岳着。

御岳橋より下流方向。
川の防災情報によると14:00の調布橋の水位が−2.22。
前回(9/10)が−2.18なので、今日のほうが4cm低い。




発電所下の水温は、13:30で19℃。

13:54出艇。

前回と比べて、水にボリュームがない。
調布橋の水位は4cmしか変わらないが、
御岳の水量感は全然違う。
前回はとても子供は無理だと思ったが、
今回は大丈夫そうに思える水量だ。

一週間前に、かすかな恐怖を感じた箇所も、
今回は平気だ。

写真は御岳小橋。(14:00通過)




御岳小橋を潜った先の瀬。
釣り人が本流に竿をのばしている。
暫く待ったが状況は変わらない。
よく見ると針は手許にあるようなので、出発。
竿の下を潜って通過。

この日はそこそこ釣り人がいた。
全工程で数十人という感じだが、そんなに負担でもなかった。
長い竿の本格鮎釣師もいるにはいるが、遊びに来て釣りもしているという感じの人と、
リールをつけた短い竿の人が結構いる。
後者の釣師は本格派であっても、割と心理的に距離が近い。




左上:鵜の瀬橋(14:06 発電所より1.1Km)。
右上:楓橋     (14:10 同1.6Km)。
左下:軍畑大橋(14:24 同2.9Km)。




軍畑大橋の先。
時計を気にしながら、瀞場ではしっかり漕ぐ。
写真中央左寄りに白い点が2つ。




中央部の拡大。
本流は左側。広い川幅の真ん中まで釣師が入り、本流に竿を出している。
仕方なく、右側を通行。時々船底を擦る。

14:30 喜久松苑着。
岸に艇をつける。時間がないので、10分だけ流されて潜って遊ぶ。



喜久松苑着下流の3本の堰堤と奥多摩橋。


左上:堰堤2本目と奥多摩橋。
右上:堰堤3本目。(振り返って撮影。後方は喜久松苑。)
左下:奥多摩橋(14:43 同4.1Km)。




好文橋(14:54 5.3Km)。

この辺りで、デジカメがローバッテリーになる。
以後、写真は橋のみ。




遠くに神代橋。(15:02 6.4Km)




和田橋(15:09 同7.4Km)。




万年橋(15:27 同9.7Km)。




柳淵橋(15:34 同10.4Km)。
ここから先は未漕の区間。



鮎美橋(15:37 同10.9Km)。

柳淵橋を過ぎてから、水質が悪くなるのを感じた。
水が手にまとわりつく様で、手をこするとキュッと音がする様な感じだ。
上流部でも時々あるが、この日は全般に水質がよかったので
ここまでは感じなかった。

釜の淵から下へはカヌーもあまり行かないのか、
川原の人からよく手を振られる。



調布橋(15:45 同11.7Km)。

この辺りまで来るとすっかり都会である。
車の音も聞こえてくるし、
岸の両岸にマンションがそびえている。



下奥多摩橋(15:54 同12.4Km)。

釜の淵より下は、ゆるい流れだろうと甘く見ていたが、
下奥多摩橋の前後では、
何箇所か中々面白い箇所もあった。
ナメていた所為もあり、あわや沈しそうになった。



ゴール。河辺・市民球技場(16:10 同14.2Km)。
ここにもBBQをはじめ、行楽客が大勢いた。
頑張って漕いだのでバテバテ。


この日は全般に水がきれいだった。透明度は今シーズンで一番よかった。

それにしても、この日は、川遊びの人たちがたくさんいた。
御岳から河辺まで、アクセスのいい川原には必ずいた。


===data=====

■コース:御岳多摩川第三発電所下〜河辺市民球技場
■メンバー:父
■用艇:ヘリオス380
■天気:晴れ時々曇り
■釣師:数箇所に計数十人の印象。
    ただ、鮎釣師はそれ程多くなく、半数はレジャー釣師とフライの釣師。
川の防災情報によると14:00の調布橋の水位が−2.22。

■水温:13:30の発電所下が19.0℃。
■ゴール地点駐車場:河辺・市民球技場の駐車場。

■タクシー代:¥900(河辺・市民球技 ⇒ JR河辺駅)
■電 車 代:¥210(JR河辺駅 ⇒ JR御嶽駅)


■旅程。2005.09.23
 11:50 河辺・市民球技場着。
 12:00 タクシーコール。
 12:19 青梅行・河辺駅発。
 12:51 御嶽駅着。¥210也。
       (カッコ内は、経過時間とスタート地点からの距離)
  13:54 (0:00 -  0.0Km) スタート
  14:00 (0:06 -  0.6Km) 御岳小橋
  14:06 (0:12 -  1.1Km) 鵜の瀬橋
  14:10 (0:16 -  1.6Km) 楓橋
  14:24 (0:30 -  2.9Km) 軍畑大橋
  14:30 (0:36 -  -----) 喜久松苑(10分遊ぶ)
  14:43 (0:49 -  4.1Km) 奥多摩橋
  14:47 (0:53 -  -----) テニスコート
  14:54 (1:00 -  5.3Km) 好文橋
  15:02 (1:08 -  6.4Km) 神代橋
  15:09 (1:15 -  7.4Km) 和田橋
  15:27 (1:33 -  9.7Km) 万年橋
  15:34 (1:40 - 10.4Km) 柳淵橋
  15:37 (1:43 - 10.9Km) 鮎美橋
  15:45 (1:51 - 11.7Km) 調布橋
  15:54 (2:00 - 12.4Km) 下奥多摩橋
  16:10 (2:16 - 14.2Km) ゴール。

フネを畳んで駐車場を出たのは17時10分前だった。

休憩の10分を引くと、14.2Kmを2時間6分で漕いだ事になるが、
瀞場ではかなり一生懸命漕いだ。普通に下るとこうは行かないだろう。
そういえば、昼食も抜きだった。

(2005.10.03 up)

ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2005 Umi Yamakawa all rights reserved.