outdoor

2013年夏 鮎喰川と園瀬川と夏の夕暮れ


鮎喰川、園瀬川 2013.08.14 晴れ



- 鮎喰川 -




子供も大きくなってくると、だんだんと、毎年長い期間、親の実家に帰省するということが難しくなってきます。

部活やら、受験やらもありますし。

去年は上の子の大学受験だったので、帰省したのは下の子だけ。期間も短くて、川にも行きませんでした。

今年はというと、もう上の子は大学生ですし、やっぱり下の子だけで期間も短め。


しかも、親離れの早い下の子は、海部川みたいな川ならまだしも、普通の川なら、もう親と川に遊びにいきたいという感じてもありません。


なので、ちょっと頼んで、付き合ってもらいました。








さて、今年の鮎喰川( 行者野橋上流 )、渇水だからどうせ水は汚いだろうと半ば諦めていたら、意外にも中々綺麗なのでありました。

化学的、生物学的にどうかは別にして、見た目的には、渇水だからといって、水が汚いわけではないんですね。

おそらく、まだ、それなりに早い時間だったというのもあるのかもしれません。

といっても10時ですが。

人がざぶざぶ入る川は、午後の方が透明度が落ちる気がします。


相変わらず、大勢人がいて、みなさんバーベキューです。





- 園瀬川 -




鮎喰川にいても、下の子は車の中でケータイいじって退屈そうなので、ひと潜りして、園瀬川へ移動します。





こちらも、場所によっては人が大勢来ていますが、佐那河内村に入って少し行ったところにあるこの場所は、プライベート川原でありました。

水は、いつも通り、鮎喰川より汚いです。





下の子には釣竿を渡します。

川虫を捕まえて、それを餌に竿を振ると、小さなハエが入れ喰い状態でしたが、5尾も釣らないうちに飽きてしまいました。





しばらく潜って、引き上げです。

ちなみに、この写真とっているとき、ポケットに非防水のスマホが入っておりました。奇跡的に復活しましたが・・・。







もう、来年帰省しても、子供と川に行くことはないでしょう。

多摩川にも、もうずいぶん行ってないですし。

寂しいですが、仕方ありません。


将来、孫ができたら、また行きますかねえ。







(2013.09.08 up)

ひとつ上へ    TOP
Copyright(C) 2013 Umi Yamakawa all rights reserved.