outdoor
outdoor

2009年夏 徳島の川遊び 後編
〜園瀬川・鮎喰川〜


園瀬川・鮎喰川 2009.08.13-14


やって来ました。今年も徳島の川!

■第4日 2009.08.13

川遊びの2日目も、鮎喰川経由の園瀬川で始まりました。

鮎喰川・行者野橋上流のいつもの場所に行ってみると、前日よりは澄んでいるもののやはり濁っていて、その分人が増えています。
ももと一緒だと、結局誰かが怒ったりする事になるから、やっぱりプライベート川原の方がいい。
そういうことで結局、前日と同じ園瀬川(佐那河内・一の瀬某所)にやってきました。




こんな感じ。
この日もプライベートビーチ。
前日よりは多少水位がさがり、多少澄んでいます。

前日同様水温は低く、12:40で23.5℃。






さっそく泳ぐもも。
無闇にキンキン吼えまくり。やはり、こっちに来てよかった。





この日もセルビンを仕掛けます。前日同様大漁です。
写真ではわかりにくいですが、口のとがった魚が獲れました。




下の子が投げた浮き輪を勝手に噛みまくって、
ボロボロにし、自分のレイにしたもも。

前日は遊びつかれて、帰宅後はよろよろしてたんですが、
電源が違うのか、この日も全力で遊びまくり。





一応、お約束の記念撮影。
やはり、透明度が全然ありません。





こうして、園瀬川の二日目は過ぎていきました。





■第5日 2009.08.14


そして、川遊び3日目。いよいよ鮎喰川!
写真は、途中でよったコンビニから。

青い空、白い雲、清らかな川。そして潜水橋。
これぞ徳島の夏の風景です。




そしていつもの行者野橋の少し上流に到着。

この日、ももは家で休養。
二日間遊びまくって、もうヨロヨロというかボロボロ。
ただ、鮎喰川は、ももがいるとちょっときついくらいに人がいて、
なのでちょうどいい。

言うことを聞くといいんですが・・・・・・。








鮎喰川はこんな様子です。

人がわんさかいて、でも泳ぐ人はそれ程でもなく、みなさんバーベキュー。
「徳島の人はホント、バーベキュー好きだね」と妻も感心。


下の子は相変わらず憑かれた様に飛び込みまくり、上の子は去年らくらく飛び込んだところを躊躇。
月日は流れております。
( ※矢印:わが家の飛び込みスポット。約2m。)

この日、水に清涼感はありますが、透明度は全然だめでした。

やはり水温は低くて、11:40で23℃。まあ、これでも多摩川よりは温かいです。



そして、いつもの「飛び込む人」。





こうして、鮎喰川の一日は過ぎて行ったのでした。



今回、園瀬川、鮎喰川とも透明度がなかったのが残念でした。
「もう2・3日すると最高になるのでは」というところで徳島を後にしました。
まあ、自然のことなので仕方ありません。

それと、園瀬川、鮎喰川ともに、テレメータ水位計がネットに公開されています。
後でみればいいと思って控えておかなかったんですが、実は3日分しか公開されていませんでした。
こういうものは比較しないとわかりませんから、惜しいことをしました。


■テレメータ水位
  山上(園瀬川)
  法花(園瀬川)
  上鮎喰(鮎喰川)




(2009.08.26 up)

ひとつ上へ    TOP
Copyright(C) 2009 Umi Yamakawa all rights reserved.