outdoor
outdoor

2009 6年ぶり親と子のアウトドア講座


親と子のアウトドア講座 飯能市 駿河台大学2009.07.25(Sat) - 26(Sun)


久しぶりに駿河台大のウェブサイトを覗いてみたら、
公開講座に「親と子のアウトドア講座」が出ていました。
2003年を最後に沈黙していた「親と子のアウトドア講座」が復活です。
思わず申し込みました。

駿大の「親と子のアウトドア講座」といえば、
我が家のカヌー発祥のきっかけとなった講座です。
初参加の時は3歳だった下の子も11歳です。

時の流れはあまりに早い・・・。

今回は下の子と二人での参加となりました。





駿大 学食メニュー。
カレー¥300、今時の学食はこんなもんでしょうか。

今回はアウトドア講座なので食べる機会がありませんでしたが、
一度食べてみたいですなあ。




カヌー池にて。




そして、昼食は塩ラーメン。



食後は、入間川で自然観察。



ペットボトルの中に魚とエビがいます。

下の子が次々掬ってきて、ペットボトルに入れます。

家にもって帰ろうと、水草と酸素石を入れて、
カヌー池の日陰につけておいたんですが、
翌朝には半分くらい死んでいました。

結局、川に返しました。
気の毒なことをしました。





カヌー池とその周辺。

艇庫も新しくなっています。







この日のキャンプサイトはキャンパスのど真ん中です。
例年、山際の草地でしたが、前日の雨で地面がぬかるんでいる為、今回はキャンパスの中になりました。


キャンパスの夕暮れ。

実は、ひそかに「いいちこ」を隠し持っておりました。

あわよくば宴会を始めようと狙っておりましたが、
今回はキャンパス内テントを張った所為か、
結局、飲まないままテントに引き揚げたのでありました。

実に久しぶりの休肝日となりました。

夕食後、懐中電灯を持って山の中の散歩がありました。





二日目




翌朝は、5時前に起床です。

連なって道なき道を歩きます。

突如、オレンジ色の虫の群れが現れます。
帽子で払っていたら指先に痛みを感じました。
後で調べたら、おそらく、キオビベッコウ(蜂)ではないかと思われます。
周囲では子供が泣き始め、同じものかわかりませんが、
何者かに刺された様です。

キャンパスではムカデにかまれる人もいて、まさにアウトドア講座です。




朝食はやはり塩ラーメン。
そして前の晩に忘れたマシュマロを焼きます。

やはりキャンプはこれです。


朝食が終わると、テントを撤収して、閉講式です。
アンケートを書いて、二日目はあっけなく、朝の八時に終わったのでありました。

今回の二日間は、どうも慌しかった気がします。
なんとなく、6年前の方が時間がゆっくり流れた様な・・・。
自分が歳をとったからかも知れませんが。

アシスタントはカヌー部の学生から、土方先生のゼミ生へと変わりましたが、時代は変われど、明るく親切な学生たちでありました。
この場を借りてお礼申し上げます。





さて、あまりに早く終わった二日目、物足りなく思う者たちが、前日の入間川へとやって来ました。



ここで、結構焼けたのでありました。

入間川に浸かるのは6年振りでしたが、以前よりきれいになっているように感じました。
前々日の雨で汚れが薄まっただけかも知れませんが・・・・・。








(2009.08.06 up)

ひとつ上へ    TOP
Copyright(C) 2009 Umi Yamakawa all rights reserved.