outdoor
momo

2007・日光白根山夏季無酸素登頂成功
〜 2,578m 〜


日光白根山 2007.08.26(Sun) 晴れなるも雲多し


川の次は、再び山である。

関東以北最高峰。日光白根山2,578m。
父、長女、次女の三人で登る。

5時過ぎに家を出て、駐車場に着いたのが07:35。
ズボンや靴を履き替えたり、
コンビニで買った食料・飲料をつめたりするのに、22分。

この後、トイレに行ったり切符を買ったりで、
ロープウェイに乗ったのは08:15。

なんだかんだで、到着してから40分後。

天気は一応晴れ。雲多し。
寒くも無ければ暑くもない。

(写真は、07:57 ロープウェイ乗り場)







08:30 ロープウェイ山頂駅着。登攀開始。

登山口にはゲートがあって、鹿から植物を守るためと書いてある。
生憎、鹿には出会わなかった。

登山コースは、七色平への分岐を直進し、南側から登る最も普通のコース。







樹林の中を緩やかに登っていく。
08:57 木々の間から山頂を望む。(ここまで27分。)




9:18 木々の間から、ロープウェイ山頂駅を望む。
(ここまで、48分)





等高線に沿って横に移動している感じが、
後半、タテの移動に変わって来る。
この地点 9:53(ここまで1:23)

この日は『山岳マラソン』なるものが行われていて、
登山客とは異なる格好の人達が大勢、
次々と駆け上がってきては、追い抜いて行く。

登山というよりマラソンに近いような格好で、
信じられないスピードで登っていく。





樹林の中を登ってきたが、視界が開けてきた。
この地点 10:10(ここまで1:40)





多分、ハンゴンソウ。
頂上付近では沢山見かけた。

この地点10:12。(ここまで1:42)





10:22。 頂上まであと30分ほど。
頂上に近くなるにつれて、
足元は砂礫質になる。

石ころを蹴飛ばすと、ころころ転がり落ちていくので、
注意が必要だ。

(ここまで、1:52)





10:50 頂上に到達。
関東以北最高峰 2,578m。
標高差は578m ?
登り始めてから2:20。

谷川もそうだが頂上には沢山人がいる。
そそくさと記念写真を撮る。





頂上に近くなった頃から、ガスが出てきて視界が悪くなった。

昼食は、コンビニのおにぎりとパン。

全量コンビニでは費用がかさむので、
今回は一部前日にスーパーで買った。




遠くに湖が見える。
周囲の人の会話から「中禅寺湖」らしい。




11:40頃から下山開始。

帰路は登りと違うルートを下る。
座禅山方面に下りて、左折し、七色平・避難小屋を経由して
のぼりのコースに戻る。
国土地理院 地図閲覧サービス





11:52。前方に多分、弥陀ヶ池。
かなりの急勾配。
下りだからいいものの、登りだとかなりきつそう。




13:28。七色平に到着。
(ここまで、1:48。)

木道と湿原の間には柵があって、
電流を流してあると書いてある。

これも鹿よけらしい。





14:10 ロープウェイ山頂駅へ帰還。
2時間30分。違うコースにしたので、登りより時間がかかった。




ロープウェイの山頂駅付近には、
『天空の足湯』なるものがあった。

大変混雑していて、神経質な人は衛生面が気になるだろう。
ではあるが、重い靴を脱いで足を漬けると気持ちいい。


今回も次女はスタスタと運動靴で先頭を歩いた。
長女と父は多少へばりながらついて行く格好だ。
そもそも、長女と二人だけで登るつもりでいたのに、子供の成長は早い。



さて、谷川で靴が壊れたため今回、新しいのを買った。
前の靴の後継品との事だったので、
履いた感じが少し窮屈だったが、大丈夫だろうと高をくくった。
結果はやはり窮屈で、下りはちょっと辛かった。
やはり、靴を買うときは妥協してはいけない。




日光白根山、谷川とはまた趣の異なる山であった。
百名山 残り 父・長女・次女とも97座。


【Data】

05:05 出発    コンビニで朝・昼食と飲料を買う。
06:45 沼田IC。
07:35 ロープウェイ乗り場に到達。
08:15 ロープウェイ山麓駅発。
08:30 ロープウェイ山頂駅着。
10:50 山頂到達。(2:20)
11:40 下山開始。(正確な時間は不明。デジカメのタイムスタンプより推測)
13:30 七色平の避難小屋に到着。
14:10 ロープウェイ山頂駅付近に帰還。
   (下山開始後 2:30)


駐車場 :無料
ロープウェイ:大人:\1,800、小人:\1,000だが、ファミリー券というのがあって、大人2+小人1で\4,000であった。
天気 :晴れなるも雲多し。頂上付近はガスあり。
記憶 :暑くも寒くも無い。 服装 :Tシャツに薄いチョッキ。下は薄手の長ズボン。




(2007.09.08 up)

ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2007 Umi Yamakawa all rights reserved.

【7andY】
山と高原地図 日光 icon
iconicon
【amazon】
今回、国土地理院の地図閲覧サービスの画面をプリントして持って行った。
25,000分の1で、A4横で印刷したら15,000分の1くらいになって、
タテ2.3km、横3.8kmくらいしか表示されない。

これだと、登山コースは全てカバーできるので支障はないが、
周辺風景が全く分からない。
頂上から幾つか沼やら湖やらが見えるがさっぱり分からない。
下りに、猫の耳みたいな山が遠くに見えたので、「谷川かな」
と話していたら、そばで聞いていた人が全然違う山だと教えてくれた。

戻ってから、昭文社の「山と高原地図」を買ってみた。
1/50,000(裏は1/300,000の周辺図)なので、
男体山を中心に、丸沼から今市までカバーしている。
登山そのものについてはプリントした1/25,000でいいと思うが、
登る前に、これで予習しておくべきであった。そうすれば、頂上がもっと楽しいだろう。