outdoor
momo
2007夏 多摩川(喜久松苑)で遊ぶ


多摩川・解禁翌週 喜久松苑前 2006.06.23(Sat) 晴れ


朝から気温がぐんぐん上がり絶好の川日和。
鮎は解禁してしまったが、こんな日に川に行かない手はない。
かくして次女と二人、多摩川・喜久松苑前の川原にやってきた。

軍畑園地駐車場に着いたのが11時半過ぎ。我々が最後の一台。
駐車場では、リジットの四人組が準備をしていた。
声を掛けると日向和田まで下るという。
大したものである。

この日は最高の天気。
BBQであふれているかと思ったら、意外にも川原はガラガラ。
12時の時点で、家族連れのピクニックが一組居るだけでBBQはゼロ。
釣竿も少しはなれたところに一本だけ。

12時の水温が19℃
川の防災情報によると14:00の調布橋が-2.27。

いつもの中州にはリジットが二艇、休憩していた。
寒山寺から下ってきたとの事。釣り人がいたかと尋ねると、『いましたねえ。』
との答え。
釜の淵まで行くらしい。これまた大したものである。







暫くすると、典型的鮎釣スタイルの釣り人が現れ(左図)、小学生と中学生(?)の川ガキも登場(右図)。
川ガキたちは、大岩によじ登っては飛び込んでを繰り返していた。
近所のガキんちょは友達通し勝手に遊びに来て幸せである。





我が家は、潜って、流されて、の川三昧。
上の写真はライフジャケットを着けて漂流中の次女。

写真は撮らなかったが、この日は川底に魚の死骸がたんさん沈んでいた。
勝手な想像だが、前週日曜解禁の鮎釣の残骸ではないだろうか・・・(?)
川原でも、時折、風の具合によっては微かに生ゴミ的な臭い匂いが漂ってきた。
川原に打ち上げられているのだろうか?
川底も流れの強いところは綺麗だが、弱いところはかなりイマイチだ。

それでも水温が低く、流速が速い所為か、綺麗でない時の園瀬川なんぞよりは遥かに綺麗だ。





素手で魚をすくう次女。
暫く熱心に獲っていたが、1cmほどの魚を数尾とオタマジャクシを3匹ゲット。
これは本人の希望で持ち帰える事にした。
ペットボトルに酸素石を入れて、その中に入れる。


素手で獲る他に、いつものペットボトルセルビンを沈めておいた。
一時間くらいで10cmほどのアブラハヤが6尾。
こっちは写真だけ撮って川に離した。







13時半頃、ラフトがやって来て一艇が転覆。それを眺める釣り人。(左図)
漂流するクルー(右図)。ロープを投げる程ではないので、こちらものんきにカメラを向ける。







今回は、グモJrを持参。次女を乗せる。
カヌー嫌いの次女だが、沈しそうもないところで、
しかも自分で漕いでいたからか、楽しそうに漕いでいた。

カヌー好きになればよいのだが・・・。





グモJrでロールを試してみた。
一回目は成功したものの、証拠を残そうと
次女にカメラを渡してからは連続5連敗。

膝を固定できないので、沈した時点で身体がフネから外れてしまう。
結局その後成功する事はなかった。
ロールの練習はそれにしても疲れる。






たっぷり3時間半楽しんで、帰りは玉川屋。
写真はもりそば。\620。
玉川屋はいつ食べても美味い。
(出てくるのが遅いのが玉に瑕であるが・・・)






さて、今回は存分に川を満喫した。
釣り人ははじめこそ遠くに竿が見える程度だったが、その後チラホラやって来た。
多い時で、見える範囲に4〜5人というところ。

一方、3時間半いて出会ったカヌーは、喜久松苑から出発の4人組、寒山寺から釜の淵まで下るという2人組。
そしてラフトが一組3艇。それだけであった。

ラフトの後にくっついて行けば下れるかもしれない。
が、あんまり気乗りがしない。


(2007.06.24up)



ひとつ上へ    TOP


Copyright(C) 2007 Umi Yamakawa all rights reserved.