corgi Momo  しっぽのあるウェルシュ・コーギー・ペンブローク

もも、今年2度目の多摩川






2010/06/12(Sat) 晴れ 多摩川・喜久松苑の川原


午前中は土曜参観で、午後は家族はみんな出かけてしまい、ももと二人だけになりました。
しばらくだらだらっと過ごした後、じゃあ、多摩川の様子でも見に行くかと。

前週の日曜が鮎の解禁日、さて、6日たってどんな様子か見に行くことにしました。
ももを誘うと二つ返事でOKです。

家を出たのは2時過ぎでしょうか・・・。
まずは、倒木の様子を観察しに、神代橋に向かいます。

上流下流ともに、特に、釣り師の姿は見えません。
そのうち、ラフトが2艇とダッキーが1艇下ってきました。

解禁後一週間なのに中々やります。




寄り道をしたので、喜久松苑についた時には、15時半をまわっていました。
ももは、テンション上がってぐいぐい引っ張ります。。





川原についてみると、なんと、カヌーの大船団が停泊してロールの練習などしています。

一方、バーベキューやピクニック客は2組程度、釣り師も一人いたような気がしますが、まあその程度です。
川原に人が少ないのは、ももと一緒の場合非常に好都合です。






ももに、棒っきれを投げてやりながら、カヤッカーの方に聞いてみると、やはり釣り師は結構いたらしい。
が、そんなに、ストレスを感じている風でもなかった。

まあ、これだけの大艦隊なら気も楽なのではないかと・・・。


そうこうしていると、今度はラフトが流れていきます。

解禁から一週間しか経っていないのに、解禁後最初の土曜なのに、みなさんお強いです。


この日、何人かに釣り師がいたか聞いてみましたが、あまりいなかったと答えたのは一人だけで、みなさん一様に「結構いました」との事でした。


その後、ひとしきりももに「とってこい」をしてやっているうちに眠くなり、砂利を枕に30分程昼寝をしたのでありました。
いやあ、川のせせらぎと鳥のさえずりとさわやかな風と、気持ちいいですなあ。




(2010.06.24 UP)



ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2010 Umi Yamakawa all rights reserved.