2019・4th ようやく真夏の多摩川
   多摩川 御岳・発電所 ⇒ 釜の淵のちょっと手前(約10.2km) 2019.08.02(Fri)
    晴れ(青梅 max 36.7℃) 水位:調布橋 -2.22


梅雨も明けて漸く夏本番、カヌーシーズン到来です。

7月の末に、自作艇のカヤボさんから電話がありまして、漕ぎに行こうと。

6月以降、ずっと週末の天気がいまいちで、結局7月は漕がずじまいという異常事態。
奥多摩カップ以来2ヶ月ぶりの川下りとなりました。

カヤボさんとは大会で何度もご一緒してますし、川の上でも何度もお会いしているのですが、一緒に漕ぐのは初めてです。

奥多摩カップの時に、今度一緒に漕ぎましょうとお話していたのでした。

ちょうど、8/2に『特に用はないけど休暇』を取っていて、天気予報もまずまずだったことから8/2の金曜に決定。

この日のメンバーは、カヤボさんと青梅カヌー協会のKさん。

釜の淵9時に待ち合わせして、コースは発電所から釜の淵。

発電所についてみるとKさんがスプレースカートを忘れていて、取りに戻る間、私は留守番。

艇を作り終えた後は、川に浸かり、コーヒーを淹れ、寝転がってぶんにょりと過ごしまして、スタートは11時。



この日の水位は、調布橋-2.23。たっぷり目で、かといって多すぎず、ベストな水位です。



カヤボさんは、この水位は初めてという事で、期待したのですが、三つ岩を華麗にクリア。

この日は『にじますカップ仕様』の短い艇を駆っています。

カヌー協会のKさんは当然華麗にクリア。







( みそぎの瀬 )





順調に下っていた筈なのに、どおってことないところで、Kさんが何故か沈脱。




さらに、暫くしてカヤボさんも沈。しかし、華麗に再乗艇してました。すごい。


途中、ところどころエディ休憩をとりつつ、テニスコートの先で上陸休憩を取った以外は、まっすぐ釜の淵へ。

13時過ぎにはゴールしました。

微妙に高曇りではありましたが、しっかりと猛暑日ないいカヌーの日でありました。


Kさん、カヤボさん、ありがとうございました。またよろしくお願いします。


ちなみに、この日は、夕方から会社の同期会があって、出掛けたものですから、縁台はお預けです。







==data=====
■河川 : 多摩川
■コース: 発電所 〜 釜の淵の少し手前
■メンバー:浅川カヤボさん、Kさん
■用艇: NRSバンディットT
■天気: 晴れ
■釣師: 忘れましたがそんなに多くはなかったかと

■水位: 高い。
  水分水質データベースによると調布橋水位は、11:00が-2.22。
■水質: 綺麗。
■水温: 18.5℃(10:44の発電所)
■気温: 気象庁によると青梅の最高気温:36.7℃。

■スタート地点駐車場:御岳苑地駐車場(有料)
■ゴ ー ル地点駐車場:釜の淵公園駐車場(有料)

■タクシー:-
■電車: -
■バス: -
■昼食: -
■服装: 半袖半ズボンのネオプレーン + ドライTシャツ。
■旅程。2019.08.02
  08時ごろ  出発
  09時ごろ  釜の淵着
  --:--  御岳苑地駐車場着
  --:--  御岳 発電所の川原着。
   11時ごろ ( 0:00 -  0.0Km) スタート
   --:-- ( -:-- -  0.5Km) 御岳橋
   --:-- ( -:-- -  0.6Km) 御岳小橋
   --:-- ( -:-- -  1.1Km) 鵜の瀬橋
   --:-- ( -:-- -  1.6Km) 楓橋
   --:-- ( -:-- -  2.9Km) 軍畑大橋
   --:-- ( -:-- -  4.0km) 喜久松苑
   --:-- ( -:-- -  4.1Km) 奥多摩橋
   --:-- ( -:-- -  5.0km) テニスコート
   --:-- ( -:-- -  5.3Km) 好文橋
   --:-- ( -:-- -  6.4Km) 神代橋
   --:-- ( -:-- -  7.4Km) 和田橋
   --:-- ( -:-- -  9.7Km) 万年橋
   13:10 ( 2:10 - 10.2km) 釜の淵の手前


※距離は1/2,5000地形図をキルビメータで測ったものなので正確ではありません。時間はGPSロガーのログです。

※デジカメのタイムスタンプは約11分進んでいる(2019/08/02)。

(2019.08.09 up)

   


ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2019 Umi Yamakawa all rights reserved.