2017・3rd 湯檜曽川 人工物の多い清冽な流れ 
     湯檜曽公園 ⇒ 利根川合流手前(約2.0km) 2017.06.03(Sat)
     晴れ(みなかみ max 16.7℃) 水位:湯原 3.54〜3.55



ラナ父さんからメールが届きました。

『ごぶさたしております。今週末、みなかみ方面いかがでしょうか』(原文ママ)。

おおっ、みなかみっ!!。二つ返事でOKを返します。日曜は奥多摩カップですが、そんなことは言っておられません。

かくして、土曜の9時に月夜野の道の駅に集合となりました。

『よかったら、2本下ろと思うのですが。』

いやいやラナ父さん、さすが日本を代表するダッキィストです。
湯原3.5オーバーのみなかみと、別の川をセットにするとは・・・。

まず向かった先は宝川。

林道を行けるところまで行ったあと、徒歩で上流を目指します。

おどろおどろしい川相ですが、ラナ父曰く「ここは漕ぎません。もっと上流は癒し系です。」

( ほんまか!? )

 

川沿いの道は、思いっきり熊の出そうなシチュエーション。たまにすれ違う釣り人たちは、熊除けの鐘鳴らしていて、緊張高まります。

そう言えば、さっきから、ラナ父さんからも微かに鈴の音が。

『熊除けの鈴ですか?』
『いえ、すぐなくすんで、車の鍵に鈴つけてるんです。』

どうりで音が小さいわけですが、そうは言っても、何も武器持ってないし、その小さい鈴だけが頼りです。




時折、ラナ父さん川を覗き込んでは、『水量多いな』と呟いています。

結構歩いたところで、ラナ父さんの出した答えは、『今日は止めましょう。』

宝川、大変綺麗な川でした。いつか下ってみたい。

 (  しかし、その時はそう遠くない未来に訪れることになります。  )


宝川を後にしたところでプランBが発動、今度は湯檜曽川へ向かいます。

ここでもラナパパは川を見ながら、ぶつぶつ言っています。

今度は、水量少ないのを気にしている様ですが、どうやらラナパパ基準をクリアしたようです。



( スタート地点 )


 

湯檜曽公園横の堰堤下から出艇。スタートは、12:23頃。

水が凄く澄んでいます。天気も最高。

 


 


数分漕いだところで、ポーテージの必要な堰堤があります。

ここでラナ父さんが疎沈。この人の沈は滅多に見られませんから貴重です。


湯檜曽川は、雰囲気としては、四万川の後半部に似ています。

水は清冽ですが、テトラに護岸、堰堤など人工物がやたら多い。


 
上越線の鉄橋のところで、スカウティング。

 

その後もスカウティング。微妙に全貌がみえません。

 


 





結局、ポテージ1回、艇を降りての下見2回。というところです。

難易度も四万川後半部と同程度でしょうか。ただ、人工物がやたら多いのでご注意ください。

そして、2kmの行程で何度も引っかかりました。水位的にはギリギリといったところでしょうか。

湯檜曽川は、大穴スキー場のあたりで利根川に注いでいます。

したがって、そのまま連続して利根川を下れる訳ですが、ラナ父さんの判断は、今日の紅葉峡はパス。


それにしても、なんとか沈することなく、湯檜曽川をクリアーしました。

既に、結構体力消耗してますが、この後、水明荘からのダウンリバーが待っています。





==data=====
■河川 : 湯檜曽川
■コース: 湯檜曽公園 〜 利根川合流部手前
■メンバー:ラナ父さん
■用艇: NRSバンディットT
■天気: 晴れ
■釣師: 忘れました

■水位:
  水分水質データベースによると12:00の湯原が3.55。
■水温: 12:38の湯檜曽公園の川原が、約8.5℃。
■気温:気象庁によると12:00のみなかみの気温は16.3℃。最高気温:16.7℃。


■スタート地点駐車場: 湯檜曽公園側の空き地(無料)
■ゴ ー ル地点駐車場: 利根川合流部手前の駐車場(無料)

■タクシー: 利用なし
■電車: 利用なし
■バス: 利用なし
■昼食: ゴール後にコンビニ。
■服装: フルドライ
■旅程。2017.06.03
  07:00頃 出発
  09:00頃 道の駅 月夜野矢瀬親水公園 着
  --:--  *** 宝川探索 ***
  --:--  湯檜曽公園着
   12:23 ( 0:00 -  0.0Km) スタート
   13:14 ( 0:51 -  2.0Km) ゴール

※距離は、「キョリ測」にて計測。 ※メモ:デジカメはアクションカムより時計が、15分進んでいる。多分、アクションカムの方が正しい。
(2017.07.09 up)

修正履歴:
   


ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2017 Umi Yamakawa all rights reserved.