2016・6th 3年ぶり みなかみ〜月夜野を漕ぐ  
     利根川 水明荘 ⇒ 月夜野矢瀬親水公園(約11.8km) 2016.06.05(Sun)
     晴れ(みなかみ max 24.8℃) 水位:湯原 -3.43


みなかみ行きたいなー

2013年に2回行って以来、漕いでいません。

なかなか、1人で行ける所ではありませんし。

そう思っていると、ちょうど良く、日本を代表するダッキイストであるラナパパさんより、オファーがありました。

「行きます。行きます。」二つ返事とはこのことでしょう。

集合は月夜野の矢瀬親水公園に8時。いやはや毎度の事ながら、ラナ父さんの行動力は凄い。家を出るのが6時前ですから、私にはありえない時間設定ですが、大人ですから、約束があると起きられるんですよね。





8時の時点で湯原の水位は3.43。ラナ父さんの判断で紅葉峡を避けて、スタートは水明荘。
ラナ父さんホント偉いです。
私なら分限をわきまえず紅葉峡に突入し、撃沈されたことでしょう。




9時スタート。
3年振りなので腰が引けます。
スタート地点から見る直下の瀬がこれまた怖ろしげでおどろおどろしい。



まずラナ父さんが漕ぎ出します。
華麗にフェリーで対岸へ寄せてから、左岸寄りを抜けていきます。

次はわたくし。
さてどうするか、左岸よりを行くか、それとも、正面突破か。
ここは行くしかない!
しかし、肉体は表層的な気持ちではなく潜在意識に従ったようで、ついつい左岸よりに。
くっ、悔しい。









そして、一度日和ってしまうと、中々切り替えることが出来ません。以降の瀬も、次々とチキンコースへ。

温泉街を前に、漸く瀬に真正面から向き合えるようになりました。

しかし、どこかおかしい。

なんとなく過去の3回と較べて迫力に欠けるような・・・。
水位は3.43。初めて漕いだときの水位3.42をわずかに越えて過去最高です。
流れが変ったのか、あるいはみなかみに慣れてきたのか・・・。

以前はどの瀬も、見上げるような、3メートルはあろうかという波だったのが、この日は2メートルくらいにしか見えません。

いやいや、そんなことはありますまい。調子に乗ったことを書くと、バチが当たります。









何事もなく諏訪峡を過ぎて、9:42 銚子橋。

ここを過ぎると割と単調になります。
時折、ドカンと来ますが単発です。









途中、岩本発電所取水堰を滑って。10:24 ゴール。

前回は、ゴール直前で、スターンを食われて沈。デジカメを流失しましたが、今回は無事にゴールです。

みなかみ4回目にして初めてのノー沈クリアーとなりました。

11:17 解散

帰り道、何故か猛烈な睡魔に襲われました。もう、眠くて眠くて。
パーキングエリア毎に休憩して、ようやく家にたどり着きました。

ラナ父さんありがとうございました。

またぜひご一緒させて下さい。



そして最後は縁台のひと時であります。





==data=====

■河川 : 利根川
■コース: 水明荘 〜 月夜野矢瀬親水公園
■メンバー: ラナ父さん
■用艇: NRSバンディットT
■天気: 晴れのち曇り
■釣師: 忘れてしまいました。ほぼ居なかったかと。

■水位:
  水分水質データベースによると9:00の湯原が3.42。11:00が3.43。
■水温: 12:00のうのせ温泉付近の川原が、約10.5℃。
■気温:気象庁によると10:00のみなかみの気温は22.1℃。最高気温:24.8℃。

■スタート地点駐車場: 水明荘手前の空き地
■ゴ ー ル地点駐車場: 月夜野矢瀬親水公園

■タクシー: 利用なし
■電車: 利用なし
■バス: 利用なし
■昼食: 食べたかどうか忘れた。
■服装: フルドライ。

■旅程。2016.06.05

  5:55  出発。
  8:00  月夜野矢瀬親水公園 到着。

   09:00 ( 0:00 -  0.0Km) スタート 水明荘
   09:42 ( 0:42 -  4.8km) 銚子橋
   10:12 ( 1:12 - 10.0km) 堰堤到着
   10:24 ( 1:24 - 11.8km) ゴール

  11:17   回送後 月夜野矢瀬親水公園 発。
  --:--頃  帰宅。



(2016.07.18 up)

修正履歴:
   


ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2016 Umi Yamakawa all rights reserved.