猛暑・秩父橋から樋口まで
(秩父橋 ⇒ 樋口)
canoe logo


2015・12th 荒川 秩父橋 ⇒ 樋口(約16.7km)2015.07.31(Fri)
 晴れ(秩父max 35.0℃) 水位:親鼻 1.79⇒1.77



   
夏休みも残り3日になりました。もっともこれを書いている今は、夏休みなど遥か過去のことになっていますが。

あと3日ということは、つまり最後の平日です。今日が終わると、後は夏休みなどと言っても、ただの土日でしかありません。
やはり、平日ですから、多摩川や荒川ではなくて、違う川に行ってみたい。

富士川あたりも候補になったのですが、そもそも起きるの遅いし、結局、何だかんだで長瀞に向かいます。

高速使って、9:16 樋口駅着。

しかし、いつもの皆野中から樋口を漕ぐのでは、余りにも特別感がなくて悲しい。
幸い水位もそこそこなので、大野原まで足を延ばすことにします。
天気も、申し分のない猛暑日です。


( 親鼻鉄橋から下流方向 )


樋口から大野原は7駅、23分。10:05大野原駅着。



この区間を漕ぐのは久し振りです。前回が2008年の5月なので、7年ぶり。
前回は、下水道センターからスタートしました。まだスマホとかないですから、スタート地点にたどり着くのに、かなり歩きました。
今回は、常時現在地位置を確認しながら、まずは、秩父橋へ向かいます。


( 旧 秩父橋 )




( 旧 秩父橋から上流方向 )        ( 旧 秩父橋から下流方向 )



川原には釣師がいますから、川に下りるルートがありそうです。程なくして、橋を渡った右側に川に降りられそうな階段を見つけました。

これが中々大変で、最後はロープを使って崖を降ります。まあ、距離も短いので、それほど難しくありません。






さて、川原に着いて艇を作ろうとポンプを出すと、なんと、ポンプ本体とホースを繋ぐ部品がありません。前回使った時になくしたようです。


これはかなり困りましたが、せっかく来たのにこのまま撤収はあり得ません。手持ちの道具と材料で、ホースとポンプを繋ぐしかありません。なんかアポロ13号のようになって来ました。
使えるものは粘着テープのみ。
そして、数分後に以下のようになりました。



テンションはかけられませんから、パンパンにはなりませんが、何とか航行可能なところまで空気を入れることが出来ました。
まさにアポロ13号。盛り上がって来ました。

近くに釣師の方がいらっしゃったので、少し上流まで艇を引っ張って行って、11:07スタート。



親鼻橋以降と違って川には人が殆どいません。

そして、親鼻以降よりも、雄大な景色の中を漕いで行きます。それにしても、この区間は、とても地質学的な風景です。

注意箇所も右岸にテトラのある1ヶ所程度。大きな瀬もなくまったりと下ります。















( 皆野橋。上流から )           ( 左:皆野橋 右:郷平橋 下流から )







栗谷瀬橋の手前までノンストップで漕ぎます。約8km、1時間。

栗谷瀬橋をくぐると、いつもの景色になります。親鼻水位は1.79。
これがまた最高に面白い。どうやら、1.65〜1.80あたりが、長瀞の最も面白い水位のようです。

小滝では、最後のウェーブまで堪能しつつ、左岸のエディーに入ろうと欲張ったせいで、岩に乗り上げた後に、アンダーカットの崖側へ。幸いにも沈なしで切り抜けたので良かったですが、計算が甘いです。
そして、金石水管橋の先が面白い。ほんの一瞬ですが、みなかみ級のウェーブがあります。



ゴールは、13:35。


当然、S字を攻めます。最近は同じような水位で漕いでいるので、スカウトなしでの突入を考えましたが、万々が一にもログなどがあった日には命に関わりますから、上陸して安全性を確認します。
そして、敢えなく撃沈。
このあと、延々流されまして、漕ぎ上がるのが大変でした。



このまま引き下がる訳にはいきません。艇を担いでリトライしてクリアー。

艇を片付けていると、トムキャットのタンデムが下って来ました。
S 字を迂回して上陸すると、S 字を観察されてます。
その後、見事クリアされていました。




時間も遅いので、楓庵には寄らずに帰宅。申し分のない猛暑日で、最高の1日でありました。





==data=====

■コース: 秩父橋〜樋口 16.7km
■メンバー:ソロ
■用艇:NRSバンディットT。
■天気:晴れ( 猛暑 )
■釣師:殆どいなかったと思います。

水文水質データベースによると11:00の親鼻が1.79。
■水質:普通?。
■水温:11:02の秩父橋 21℃。
■気温:気象庁によると11:00の秩父の気温は32.6℃。Max 35.0℃

■ゴール地点駐車場:樋口駅。( 520円 )
■スタート地点駐車場:利用なし。

■タクシー:利用なし
■電車:樋口 ⇒ 大野原 \500

■昼食:なし

■服装:半そで半ズボンのウェットスーツ。にドライTシャツ。


■旅程。2015.7.31
  8:00 出発。(下道)
  9:16 樋口駅 着。
  9:42 樋口駅 発。
 10:05 大野原駅 着。
 10:24 秩父橋 着。
 10:33 秩父橋下の川原 着。
    (カッコ内は経過時間)
  11:07 (0:00 - 0.0Km) 秩父橋スタート
  11:39 (0:32 - 3.9Km) 和銅大橋橋
  11:57 (0:50 - 5.7Km) 新皆野橋
  12:04 (0:57 - 6.6Km) 皆野橋
             ( 休憩 11分 )    
  12:32 (1:25 - 8.5Km) 栗谷瀬橋
  12:42 (1:35 - 9.8Km) 親鼻橋
  12;46 (1:39 - 10.3Km) 親鼻橋鉄橋
  12:51 (1:44 - 11.1Km) 小滝の瀬 着(小滝の瀬を2回)
  13:00 (1:53 - 11.9km) 長瀞の遊船乗り場(なすの漬物 10分)
  13:09 (2:02 - 13.1Km) 金石水管橋
  13:14 (2:07 - 13.9Km) 高砂橋
  --:-- (-:-- - 14.2Km) 遊船の終点 (洗濯機の瀬で25分)
  13:35 (2:28 - 16.7Km) 樋口・ゴール。その後S時の瀬。
 15:01 樋口駅 出発。
 --:-- 帰宅。
 
 ※※距離はマピオンのキョリ測で測りました。


(2015.08.30 up)

-- 修正履歴 --

   


ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2015 Umi Yamakawa all rights reserved.