四万川 滝落ち2015
canoe logo

2013・8th 四万川 ( 四万温泉 ダム下堰堤下〜四万清流の湯の少し上流 3.3 km ) 2015.07.05(Sun) 
曇り(中之条 max23.1℃) 水位:-- 




※今回のレポートでは、滝の高さなど、一部盛っております。あらかじめご承知おきください。

このところ忘却力が日増しに強くなってます。
もう、四万川行ってから、ひと月がたとうとしています。急がねばなりません。


 土曜日の夕方、そろそろ風呂にでも入ろうかと思っていたら、ラナ父さんから、facebookのメッセージ入電です。

『こんにちは。明日雨っぽいですが川にいけそうです。ご予定いかがですか?』(17:00)

確かに、翌日の天気は傘マークがズラリ。
とりあえず、ジップロックにスマホを入れて湯舟へ。
雨予報ですから、一人だと、川に行く選択肢などはあり得ませんが、ラナ父さんのお誘いとなると違います。
湯舟の中から返信。

『思い切り雨っぽいですが、行けます。』

行先は四万川。
2年振りの滝落ちです。

集合は9時に四万清流の湯。
数分前に到着したら、ラナパパさんは着いていました。車を一台置いて上流へ。
明らかに前回より水量が多い。

四万ダム下の駐車場についてみると、カヌーの大会とみまごうばかりにカヌーの大群が準備中です。なんか、ツアーのようでしたが、ラナ父さんは知り合いを見つけては、談笑してます。さすが日本を代表するダッキイスト。顔が広い。
それにしても、みなさん、団体で滝落ちされるんですね。凄い。


( 相変わらずの急斜面を降ります。しかも足元はぬかるんでて滑ります。 )



スタートは、10時。


この日、ラナ父さんは15時までに帰宅しないといけないということで、初手から飛ばします。

出だしから結構な落ち込みですが、かろうじて結果オーライ。
その後も、青息吐息でなんとかクリアが続きます。


(出だしの落ち込み。photo by わんことカヌー)


そして、まずは、10メートルの滝落ちから。

ラナ父さん、ここから入ってこう抜けてと、コース設定してます。始めはふむふむと、聞いてましたが、いやいや、そんな細かいコントロール出来ませんから!
そしてラナ父さん華麗にクリアしていきます。
わたくしも、なんとかクリア。ここは、右岸よりを落ちます。


( 一つ目の滝 )


そして、いよいよ、20メートルの大滝へ。
2年前に漕破済みとはいえ、20メートルはあろうかという滝を前に、彼は、

『一応、下見しますか?』

(いやいや、するでしょ。ふつう)



まずはラナ父さんが華麗にクリア。前回同様、左岸ベタを落ちます。
ついで、わたくしめも、えいっとばかりに落下。

無事着水。


(photo by わんことカヌー)

何せ20メートルの大滝ですから、飛ぶ前に、心臓ドキドキ、バクバクなんですが、ラナ父さんさらりと飛ぶもんですから、こちらも、なんとなくタメがなくて、さらりとジャーンプ。

着水後も、本来なら、『滝なーう。とか呟いたり、FBに、『超最高』 とか載せて余韻に浸るところですが、ラナ父さん、御岳の三つ岩をクリアしたかのようなさりげなさです。

実際のところ、同じ高さの岩から川に飛び込むのにくらべたら、全然恐怖は無いです。
直前まで、下が見えないからですかね。個人的にはジェットコースターの方が怖い。
しかし、最大量のアドレナリンが放出されて、達成感マックスです。




(photo by わんことカヌー)

さて、四万川は、滝落ちが最大の山場です。
その後は、癒しであったり、そこそこの落ち込みもあるんですが、割りと余韻モードになります。
11:15ゴール。

更に、そそくさと車を回収して、再度ゴール地点に戻って12時前に解散。

ラナ父さんを見送って、さて、せっかくなんで、ひと風呂浴びて帰りましょう。
目の前に『四万清流の湯』があるんですが、今まで2回入ったし、たまには違うところに行ってみましょうということとで、上流に引き返して、『積善館』へ。








25年ぶりです。私の中の四万温泉のイメージはここなのです。
入浴料1200円。850円の山菜蕎麦とセットで1700円。まあ、25年に一回なんでよしとしましょう。

浴室は、記憶より明るかったですが、まさに『四万温泉』。
混浴の岩風呂というのもあったので入って見ましたが、まあ、これは、混浴にでもなれば話しは別ですが、そうでなければどおってことありません。それに、混浴になったとしても、私の数少ない経験から言うと、かしましいオバサンたちでしょう。

という訳で、滝落ちと青い川と、温泉を堪能し、温泉饅頭をお土産に、四万川を後にしたのでありました。

ラナ父さんありがとうございました。また、ぜひよろしくお願いします。


で、最後は、家のお風呂にも入りまして、縁台ホッピーで締めたんでありました。

いやー最高の1日でした。気持ち良かったー!



==data=====

■河川:四万川
■コース:四万川ダム下堰堤下〜四万清流の湯の少し上流 3.3km( マピオンの「キョリ測」での測定 )
■メンバー:ラナパパさん
■用艇:NRS バンディットT
■天気:曇り。
■釣師:0人?

■水位:水が少なくて普段は下れないらしい。
■水質:温泉街まではすごくきれい。温泉街からはいまいち。
■水温:13.5℃。(11:15 ゴール地点)
■気温:気象庁によると10:00の中之条の気温は20.1℃。最高気温:23.1℃。

■駐車場:
 ゴール :「四万清流の湯」の少し上の駐車スペース。(無料) 
 スタート:四万川ダム下の日向見公園の駐車場。(無料) 

■タクシー:利用なし。
■昼食  :漕ぎ終わってから。積善館で山菜蕎麦。
■服装  :フルドライ。
    
■旅程。2015.07.05
  6:40頃 出発。
  8:53頃 ゴール地点着。

  10:00(0:00)  スタート。
  10:20(0:20)  滝。
  10:44(0:44)  落合橋。
  11:15(1:15)  ゴール。

  車回収。
  12時前 解散。

  積善館 入浴・山菜蕎麦セット。( \1,700 )

  13:15頃 現地発。
  15:33頃 自宅着。


(2015.07.30 up)

修正履歴:


ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2015 Umi Yamakawa all rights reserved.