御岳はさらに猛暑

canoe logo


2013・16th 多摩川 御岳・発電所 ⇒ テニスコート(約5.0km)2013.08.16(Fri)  
晴れ(青梅max34.3℃) 水位:調布橋 -2.58



   
早いところ片付けないと、どんどん記憶が揮発していきます。もはや写真だけが便りになってきました。


お盆休み、初日の土曜に御岳に行って、その後は四国の実家に戻ってまして、木曜にまた埼玉に戻ってきました。

両方とも「戻る」という表現なのは変ですね。

そして金曜日。だらだらしていたんですが、結構暑い。

もういい時間だったんですが、お盆とはいえ平日です。

まあ、土日ほどのことはないだろうと、ももをつれて御岳に向かいます。

家を出たのは11時過ぎだったでしょうか。

平日とは言え、さすがにお盆です。駐車場も混んでいます。


今回もゴールはテニスコート。

吉野街道まで歩くのは面倒なので、テニスコートの近くまでタクシーに来てもらいました。

タクシー代1,790円。






御岳についててみると、いい感じに晴れています。

いやー来てヨカッター。






そして、平日というのに、この人です。やはりお盆をナメてはいけません。

みんながみんな遠くへ行っているわけではないのです。

そして、川にはカヌーがいっぱい。


スタートは13:20。






三つ岩のあたりには、コースがセットされていました。

あれ、なんか雰囲気違うなと思った矢先、歯っ欠けの手前で、スピーカーから、「ワンちゃんを乗せた・・」

と呼びかけられました。なんか大会やってるんですね。

一瞬、ゲートを潜って目立とうと思ったんですが、フレンドリーに呼びかけられたのか、怒られたのかがいまひとつはっきりしなかったので、そのまま通り過ぎてしまいました。


実際は、一本目と二本目の間の休憩時間の様でした。学生の大会です。

河川は自由航行な訳ですから、そんなにびくびくする事もないんですが・・・。


せっかくなので、少し観戦しようと御岳小橋の先の右手に上陸したんですが、二本目が始まるまで、まだずいぶん間があるようだったので、しばらく休憩して、また漕ぎ出します。






それにしても、この日は暑いし、人がいっぱい。

楓橋のところには、川の中に椅子を入れて、涼んでいる人がいます。

ビーパルとかに出てきそうです。一度やってみたい。






時おり、日がかげることもありますが、このとおり、MANATSUであります。






普段はあまり人がいないんですが、ミソギから、軍畑大橋の間でも、釣りしてる人とか。





喜久松苑の川原もこのとおりの混雑。






水位が下がって、大岩がやたら高い。






ゴールは15:08。

この日も、あちこち、上陸しては潜ったり寝転がったりしながら下ったので、発電所から二時間近くかかってゴールです。






そして、最後は縁台で夕涼み。

遅く出かけた分、縁台も遅くなって、ちょっと暗いです。日も短くなってきました。





==data=====

■河川 : 多摩川
■コース: 発電所 〜 テニスコート
■メンバー: もも
■用艇: NRSバンディットT
■天気: 晴れ時々曇り
■釣師: 楓橋のところに数人いらしたと思いますが特に問題なし。

■水位: 低め。
  水分水質データベースによると調布橋水位は、13:00が -2.58。
  但し、2007年の台風9号以降、以前よりも水位が低めに出ている。30cmくらいプラスすると前の感覚だろうか。。。
■水質: ふつう。
■水温: --:--の--の川原が、--.-℃。(計測漏れ)
■気温: 気象庁によると13:00の青梅の気温は33.9℃。最高気温:34.3℃。
■スタート地点駐車場: -
■ゴ ー ル地点駐車場: テニスコートの川原

■タクシー: 1790円
■電車: 利用なし
■バス: 利用なし
■昼食: 忘れました。たぶん、コンビニのおにぎりとパン。どこで食べただろう? 御岳小橋の先だろうか?
■服装: 半袖、半ズボンのウェットスーツ。
■旅程。2013.08.16

 11:xx  出発。
 --:--  御岳の発電所の駐車場着。
 --:--  テニスコート着。
 --:--  御岳の発電所の駐車場着。

   13:20 ( 0:00 -  0.0Km) スタート
    (省略)
   15:08 ( 1:48 -  5.0km) テニスコート

  --:--頃  テニスコート発。
  --:--頃  帰宅。

※距離は1/2,5000地形図をキルビメータで測ったもの。時間はデジカメのタイムスタンプより感覚で多少調整したものです。
 従って正確なものではありません。


(2013.09.01 up)

修正履歴:

   


ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2013 Umi Yamakawa all rights reserved.