紅葉峡には沈がよく似合う

canoe logo


2013・12th 利根川 奥利根スノーパーク ⇒ 銚子橋(約8.8km)2013.07.20(Sat)  
曇り時々晴れ(みなかみ max26.2℃) 水位:湯原 3.06



   

紅葉峡ダウンリバーの興奮さめやらぬ翌週の木曜。再びラナ父さんからメールが届きました。

「 湯原水位が依然3以上を保っているのでこのまま週末までもてば行きましょう ! 」

こちらは、日曜のダウンリバーですっかりお腹いっぱいになって、すっかり余韻モードだったのに、さすが、日本を代表するダッキィストです。

川くだりへの、飽くなき欲求が凡人とは異なります。

もちろん返信は「OK!」

みなかみ漕げるとなると、そりゃ行かない理由がありません。




この日は、紅葉峡〜銚子橋までのコース。

待ち合わせは、9時に道の駅水紀行館。

ちょっと早くついたので、足湯に浸かったりしておりましたら、ラナ家がファミリーでやって来ました。


スタートは10:23。前回と同じ、奥利根スノーパーク。

今回は、ラナママさんと川太郎、川次郎に見送られて出艇です。

前回の11時湯原水位は、3.22。今回は、3.06。

2回目なのと、水位も低いので、割と余裕のスタートです。

堰堤は、やはり担ぎましたが、あとは特に問題なくダイナマイトへ。





前回同様、左岸に上陸してスカウティング。

「 前回と比べてどうですかねえ ? 」

あいまいな問い掛けをすると、「下がってます。ここ、前はもっと流れてました。」

と、小さな流れ込みをさして言います。

「 覚えてはりますか ? 」

って、いえいえ、そもそも、忘れる以前に、前回見てないですから・・・。



まずはラナ父さんが突入して無事にクリアー。

つづいてワタクシ。

2つ目の波が予想以上に大きくて、

あれ? 予想以上に大きいけど、これがラストだっけ ? も一個あった筈だけど。

0.1秒くらいの間に、このような迷いがありまして、その直後、ラストの波が目の前に聳えました。

この状況下で0.1秒の迷いは致命的です。

つぎの瞬間、水中におりました。





つづきまして、「 スリーシスターズ & ザ・ウォール 」

ラナ父さんに、注意事項を尋ねると、

「 艇とパドルは離さん様にしてください 」

あちゃー、すみません。


ここも、ラナ父さんは華麗にクリアー。

で、ワタクシ。

スリーシスターズは無事にクリアーしたんですが、左岸のエディーに入りきれず、後ろ向きにザ・ウォールへ。

敢えなく沈。

下手したら延々残りの紅葉峡を流されるところでしたが、なんとかバタ足でエディーイン。

事なきをえました。





態勢を立て直してさらに紅葉峡を下ります。





水明荘から道の駅までは、ラナ父さんとラナが艇を降りて、ラナママさんが乗艇。

「 わたし、助けられませんよ。沈したら全力で写真撮りますけど。 」

などと軽口叩いていたら、ラナママさんは、小歩危を普通に漕いでいらっしゃるとのこと。

おー、なんかあったらレスキューお願いします。






ラナママさん、華麗に水上峡をクリアーして、道の駅で、ラナ父さんに交代。





3.06の諏訪峡は、やはりちょっと迫力が・・・。









13:30頃、銚子橋ゴール。紅葉峡の2沈以外は、なんとか無事でございました。

いやー楽しかったー。





16時前には帰宅。

いつもの様に、縁台で夕方のひと時を過ごしたのでありました。

ホッピーと、肴はワカメと蛸をポン酢で和えたものであります。







==data=====

■河川 : 利根川
■コース: 奥利根スノーパーク 〜 銚子橋
■メンバー: ラナ父さん、ラナママさん、ラナ、回送: 川太郎、川次郎
■用艇: NRSバンディットT
■天気: 曇り時々晴れ
■釣師: 少し、いらっしゃいましたが特に問題なし。

■水位: この時期にしては多め。
  水分水質データベースによると6:00-15:00の湯原が3.06。
■水温: 12:10の水明荘付近の川原が、約11.5℃。
■気温:気象庁によると12:00のみなかみの気温は22.9℃。最高気温:26.2℃。

■スタート地点駐車場: 奥利根スノーパークそば
■ゴ ー ル地点駐車場: 銚子橋

■タクシー: 利用なし
■電車: 利用なし
■バス: 利用なし
■昼食: なし
■服装: フルドライ。

■旅程。2013.07.20

  06:47 出発。
  08:41 道の駅「水紀行館」 到着。

   10:23 ( 0:00 - 0.0Km) スタート
   13:30 ( 3:07 - 8.8km) ゴール

  14:09 回送後 銚子橋 発。
  15:50頃  帰宅。

※距離はスマホのGPSロガーのログから適当にスカウティング距離を間引きました。
 従って正確なものではありません。


(2013.08.05 up)

修正履歴:
2013.12.21 距離を修正。9.5km → 8.8km。
      GPSロガーでの測定値から適当に間引いた数値→マピオンの「キョリ測」での測定値へ
   


ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2013 Umi Yamakawa all rights reserved.