長瀞 新緑 ダウンリバー
(親鼻橋 ⇒ 樋口)
canoe logo


2013・4th 荒川 親鼻橋 ⇒ 樋口(約6.7km)2013.05.05(Sun)
 晴れ(秩父max24.8℃) 水位:親鼻 1.32-1.31



   
ゴールデンウィークの後半3日目は、長瀞に行ってきました。
GWなんて、もはやはるか昔のことのようで、どんどん記憶が薄れていきます。


今回はソロです。
昔は、「GWはどこか遠出しましょうか?」などと、4月のうちは相談しつつ、渋滞予測をみてテンション下がって、結局長瀞に落ち着くみたいなパターンでしたが、いよいよ最近は、「長瀞は混みますよね? 多摩川は放流したばっかりだし、連休明けにしますか。」みたいになってきております。なかなかやばい。

この日の渋滞は、往路はそれほどでもないものの、復路が最大45kmの予想。混み具合によっては299で帰ろうと計画しました。

長瀞行くのは2年振りです。
多摩川に比べるとやや遠いので、忙しかった去年はどうしても足が遠のいてしまいました。( そんなに遠い訳ではないんですが・・・ )

8時半過ぎに家を出て、予想どおり、行きの関越渋滞は大したことありませんでしたが、花園出口と下りた後が少し混んでいて、それでも、自宅から樋口まで1時間半で到着。




天気もよくて、親鼻橋の広い川原はバーベキューと水遊びの人たちでいっぱいです。





新緑が眩しい。 空も真っ青です。11:20頃スタート。





この日の親鼻水位は、12時が1.32。13時が1.31。かなり低いです。

小滝の瀬も、ぜんぜん迫力ありません。





水が少ないからでしょうか。けっこう水汚いです。





長瀞の遊船乗り場は、観光客が長蛇の列。岩畳の上にも大勢いらっしゃいました。





無事に12:50ごろゴール。その後、樋口のホールにチャレンジしました。






そして、楓案も2年ぶり。肉汁そば大盛り850円。楓案えらい盛況でした。


水量的にやや迫力に欠けはしましたが、天気もよくて、緑が綺麗で、気持ちのいいダウンリバーとなりました。

復路も渋滞なしで15時半には帰宅して、気持ちのいい夕方を過ごしたのでありました。









==data=====

■コース: 親鼻橋〜樋口 6.7km
■メンバー:ソロ
■用艇:NRSバンディットT。
■天気:晴れ。
■釣師:記憶なし。殆どいなかったと思います。

水文水質データベースによると12:00の親鼻が1.32。13:00が1.31。かなり水位低いです。
■水質:やや汚い。
■水温:親鼻橋下流11:19の水温が約16.5℃。
■気温:気象庁によると12:00の秩父の気温は22.3℃。Max 24.8℃
■ゴール地点駐車場:ひぐち駅。( \500/日・台 )
■スタート地点駐車場:利用なし。

■タクシー:利用なし
■電車:樋口 ⇒ 上長瀞 \230

■昼食:楓案で肉汁そば大盛り850円

■服装:ドライスーツ。


■旅程。2013.05.05
 08:30頃 出発。
 10:07頃 ゴールのひぐち駅到着。
 10:50 出発地 親鼻橋下流の川原着。
      (カッコ内は経過時間)
  11:20 (0:00 - 0.0Km) 親鼻橋下流よりスタート
  12:50 (1:30 - 6.7Km) 樋口・ゴール
 
 14時過ぎ 復路出発。
 15時半頃 帰宅。

 ※距離は、国土地理院 1/25,000地形図をキルビメータで計測。誤差大いにあると思います。




(2013.05.26 up)

-- 修正履歴 --

   


ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2013 Umi Yamakawa all rights reserved.