2012 多摩川 ももPFDを新調する
( 発電所 ⇒ テニスコート )

canoe logo


2012・8th 多摩川 御岳・発電所 ⇒ テニスコート(約5.0km)2012.07.28(Sat) 
晴れ(青梅max35.9℃) 水位:調布橋 -2.53 〜 -2.54




3回続けて御岳を漕いだ2回目です。

もう、記憶がかなり怪しい・・・。


久しぶりに連休となったこの週の土日。日曜は妻の実家に行く用事があったので土曜日、多摩川に出かけました。
例によって金曜はたくさん頂きました関係で、土曜の朝はゆっくりスタートです。

今回も、ももと一緒。


気温は高かったのですが、割と雲が多くて、残念ながら日焼けするには至りませんでした。
実は、日焼けするの好きなんです。


まずは御岳に寄ってももを置いていきます。

置いて行かれるのがなにより苦手なももですが、これから川に行けるからでしょうか?
特に心配な風でもありません。


時間も遅めなので、この日はテニスコートをゴールにします。

車を置いて戻ってみるとももは、カヌーの人たちにかわいがって貰っていました。





さて、今回もものライフジャケットを新調しました。

にじますカップで「その他の部」7位入賞のご褒美です。
購入の顛末は、blog海部郡山川町

まあ、ももは喜んだりしておりませんでした。ご褒美といっても100%人間の自己満足でしかありません。

前のPFDの時は、首のところのマジックテープが外れやすくて、外れたところを気にして咥えて泳いでいたので、そういうこともあって新調したんですが、今回も、首のところのベルトの余った部分をやはり気にして咥えておりました。
切ってやるといいのかもしれません。




三つ岩を行く、もも。





御岳小橋のところでもも落水。



コースが短いので、途中のんびりくだります。

楓橋の下流に上陸して、暫し川原に寝転がる。

ラフトの女の子から「かわいい」といわれるもも。




棒っきれを投げて、「とってこい」で遊びます。

10歳になっても未だに「とってこい」が好きなのです。








そういえば、軍畑大橋のところで、ダッキーで出艇準備中の方をお見かけしたので、声を掛けました。

小作まで行くとの事。

ダッキーのソロで釜の淵の先まで下っていく人にお会いすると、なんとなく嬉しい気持ちになります。







13:53ゴール。

艇を畳み終わったところでポツポツきましてあっという間に夕立へ。

遅めの昼食は前から気になっていたYOSHIZO Cafeへ。

普通に美味しいですが、一人でピザ一枚は結構きつい。お仲間と行かれるといいでしょう。





そして、結局一日のさいごはこちらであります。










==data=====

■河川 :多摩川
■コース:発電所 〜 テニスコート
■メンバー:もも
■用艇:NRSバンディットT
■天気:晴れ時々曇り
■釣師:あまり見かけなかったような気が。記憶が余りないので、大したことはないです。

■水位:ふつう。
  水分水質データベースによると調布橋水位は、12:00が -2.53。
  但し、2007年の台風9号以降、以前よりも水位が低めに出ている。30cmくらいプラスすると前の感覚だろうか。。。
■水質:ふつう。
■水温:12:06の発電所の川原が、21℃。
■気温:気象庁によると12:00の青梅の気温は34.0℃。最高気温:35.9℃。

■スタート地点駐車場:御岳苑地駐車場
■ゴ ー ル地点駐車場:テニスコートの川原。

■タクシー:\1,880。
■電車:利用なし
■昼食:YOSHIZO Cafe。
■服装:半そで、短パンのウエット。
■旅程。2012.07.28
  10:50頃 御岳 発電所の駐車場着。
  11:05頃 テニスコート着。
  11:31頃 御岳 発電所の駐車場着。
     (カッコ内は経過時間)
   12:18 ( 0:00 -  0.0Km) スタート
   12:34 ( 0:16 -  0.5Km) 御岳橋
   --:-- ( -:-- -  0.6Km) 御岳小橋
   12:44 ( 0:26 -  1.1Km) 鵜の瀬橋
   12:54 ( 0:36 -  1.6Km) 楓橋
   13:26 ( 1:08 -  2.9Km) 軍畑大橋
   13:39 ( 1:21 -  4.0km) 喜久松苑
   --:-- ( -:-- -  4.1Km) 奥多摩橋
   13:53 ( 1:35 -  5.0km) テニスコート・ゴール


(2012.08.16 up)

修正履歴:
 2012.11.18 旅程の経過時間が間違っていたため訂正した。


ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2012 Umi Yamakawa all rights reserved.