2012
第18回 にじますカップ
canoe logo

2012・5th 前川 龍門渕公園(約0.2km × 2本 ) 2012.06.09(Sat) 
雨のち曇りのち晴れ(松本max17.4℃) 水位:陸郷 0.91(参考)




4月の後半から11週間で休日出勤11回。まあ、そういうこともたまにはありますよねえ。
問題は、いつまで続くのかということですが、あまり深く考えるのはやめましょう。


さて、今年もにじますカップに出場しました。

日本最大級の草スラローム大会。

昨年、わんことカヌーのラナ父さんからお誘いいただいて初出場。

いかんせん遠いですが独特の雰囲気に魅了されました。
この大会ははまります。


今回は、ももと出ようかどうしようかでかなり迷いました。
ももと出ると、目立つことは出来ますが、上位入賞は難しいし、そもそも、途中の落水も大いに想定されます。

また、もも自身は川が大好きですが、カヌーはそれほど好きという訳ではありません。
ましてやレースとなると、何の関心もないでしょうから、単に飼い主の自己満足ということになります。

いろいろ考えましたが、結局、ももも、いろんな経験をするのはいいことだろうということで、一緒に参加することにしました。


もう少しにじますカップについて触れますと、北京4位の竹下百合子さんが始めて出場したスラローム大会がにじますカップだそうです。
彼女はその10年後にオリンピックへ。
なにを隠そう、この私も初めて出たスラローム大会が昨年のにじますカップであります。
なんという偶然。こうなると、今更ロンドンは無理ですが、リオデジャネイロか、その次を意識しないわけには行きません。
( この言い回し、方々で使ってます。 あんまり相手にされませんが・・・。)





今年のにじますは、雨です。どうやら大会史上初の雨ということだそうです。
流れも速そうで、ももが落水したら、どんぶらこと流されること必定です。




犀川です。どんよりしてます。





さて、今年は家内も同伴です。出場はしませんが。

その他クラスのスタートは午後なので、開会式の後、ちょっと大王わさび農園を見物しに行きました。

にじますの会場からは車で20分弱でしょうか・・・。

お約束のわさびソフトと、わさびなんとかバーガーを食べて(名前忘れました。どちらもそこそこうまい。)、ぷらぷら散策します。

駐車場には大阪方面のナンバーの観光バスがいて、高校生がぞろぞろと降りてきます。
いいところですが、修学旅行にはちょっときついんではないだろうか。

ちなみに黒いネットは日よけだそうです。





その後、JA直売所みたいなとこによって、お焼きや、円ら揚げや、わさびなどを購入しまして、さらに安かったので、普通の野菜も買いまして、お昼前には会場に戻ったのでありました。
弁当は選手の分しかありませんから、別途お昼を調達する必要があるわけです。

さて、ももはといえば、もうすぐレースなのに、いたってのんきに構えております。





しばらく、レースを観戦します。

沈脱している方がいました。

ご本人は悔しいのでしょうけど、レジャーだろうが、レースだろうが、やはり人様の沈脱はいつ見ても心がなごみます。




ももと、日本を代表するカヌー犬のラナ。

実は3年あまり前に2頭は一度会っているのですが、双方覚えている様子はありません。

しかも、ももは完全スルーです。

もともと犬に対してはあまり関心のなかったももですが、年をとるにつれてどんどん社交性がなくなっていきます。

しかも、昔は、人間に対しては結構愛想があったのに、最近は家族以外は、近所の犬好きのおじさんくらいにしかなつきません。

せっかく、女子大生の子たちが「かわいい〜」といってやって来ても完全スルー。





今年の昼食です。

にじますの「円(つぶら)揚げ」と、「ビストロ カモミール」さんのお弁当です。
あと、写っていませんがペットボトルのお茶がつきます。安曇野の水で入れたお茶だそうです。

どちらも、大変おいしく頂きました。








さて、午後の部が始まって一時間位して、いよいよわれわれの番が近づいてきました。

艇を川に入れます。ももは、レースの雰囲気に呑まれたのか、私の緊張が伝わったのか、ガタガタ震えています。

ももが震えるときは、それはもう遠くからもわかるくらい、後ろ足がガクガク震えます。

ポンポンとお尻のあたりをたたいてやりますが震えがとまりません。

「震えてるよ〜」というギャラリーの会話も聞こえてきます。


まずいです。このままではまるで、目立ちたいから嫌がる犬を無理やり載せている様で、まさに「動物虐待」です。

「ちがうんです。この子は川が好きなんです。御岳とか長瀞も漕いでるんです。」
心の中でそう叫んでおりました。





まずは一本目。

とにかく、落水しないことが最重要です。
そもそも脱走癖がありますし、カーブで振り落とされる心配が大いにあります。

小柄なももはすぐに流されて自力着岸もできるかどうか・・・。
そうなると、以後全ゲート不通過でレスキューになってしまいます。

とにかく、冒険はせず、慎重に安全に行くことにしました。

そして、もうひとつの目標は全ゲート通過です。

たとえももと一緒で慎重に漕いだとしても、不通過がなければ、そこそこいい線いくかもしれません。

で、一応、全ゲート通過しました。
ただ、「これはあかん」という時、ついつい、パドルでゲートを払ったりしてしまいましたので、それを通過と取ってもらえるか・・・。

リザルトは見ないまま2本目に向かいます。



日本を代表するカヌー犬のラナ。

果敢にも川に飛び込み、横断してました。





まあ、そんな感じで、2本目も全ゲート通過。

結局、リザルトを見ないまま表彰式を迎えました。

今回、もの凄くゆっくり漕いだとはいえ、なんと言っても全ゲート通過です。
上位入賞は固いでしょう。

ところが、蓋を開けてみると、去年より後退の7位という結果に終わってしまいました。

さすが、日本最大級の大会です。簡単に勝たせてはくれません。




今回いただいたものです。

まず、玉ねぎと虹鱒の甘露煮が参加賞。
にじますのムニエルが7位入賞賞品。(賞状も頂きました。)
で、ワインが犬を連れてた人への賞。

いろいろ頂きましてありがとうございました。



それにしても、ももは中々よくやりました。そのうち、ご褒美になにか買ってやろうと思います。


そして、大沢さんはじめ、スタッフの皆様、どうもありがとうございました。
来年もぜひ参加させて頂きたいと思います。よろしくお願いいたします。






==data=====

■河川:前川
■コース:龍門淵公園
■メンバー:もも。かみさん(見物)
■用艇:NRS バンディットT
■天気:雨のち曇りのち晴れ。
■釣師:0人

■水位:ちょっと増水っぽい。
水分水質データベースによると陸郷の水位が、08:00 0.91 ⇒ 16:00 0.98。
■水質:増水で濁っていた。
■水温: 測定忘れ。
■気温:気象庁によると09:00の松本の気温は14.5℃。最高気温:17.4℃。

■駐車場:龍門淵公園の駐車場。(無料) 

■タクシー:利用なし。
■昼食  :豪勢な弁当。
■服装  :上:長袖のラッシュガード + パドジャケ。下:長ズボンのウエット。
    
■旅程。2012.06.09
 04:45頃 出発  ( 入間IC⇒圏央道⇒中央道⇒岡谷JCT⇒長野道⇒豊科IC )
 07:42頃 現地着。( 途中、どっかのPAに寄ったような・・・ )

 18:??頃 現地発。
 21:07頃 自宅着。
    ( 雨なので、行楽の人手がなかったからだろうか、渋滞はなかったような・・・気がする。)


(2012.07.01 up)



ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2012 Umi Yamakawa all rights reserved.