ピーカン長瀞1.77
(親鼻橋下流 ⇒ 樋口)
canoe logo


2011・16th 荒川 親鼻橋 ⇒ 樋口(約6.7km)2011.09.18(Sun)
 晴れ(秩父max34.5℃) 水位:親鼻 1.77




シルバーウィークの1つ目の3連休の2日目。
普通に休日モードで目が覚めたら、えらい天気がよくて、しかも暑い。

これはもう、行かない訳にはいきません。

御岳は、だいぶ水位が下がっていて、9時調布橋が-2.37。一方長瀞はまだ1.77。ここは長瀞しかないでしょう。

家を出たのは10時半くらいでしょうか。
微妙に道が混んでいて、樋口についたのはちょうど12時頃でありました。



樋口駅の駐車場から空を見上げると、パラグライダーが飛んでます。
よくある光景ですが、今日はなんか違います。えっ? よく見ると10羽以上舞ってます。ぶつかったりしないんでしょうか。

というか、パラグライダーはどのように数えるんだろう?
「羽?」「機?」「匹?」



12時35分の電車に乗って上長瀞に向かいます。

親鼻橋から上流方向。ピーカンで川が輝いています。




川原は車一杯です。




前回の多摩川の反省から、今回は艇カメラを搭載します。

三脚を固定するロープを、サイストラップ用のベルト(青いの)に、掛けたので、きちんと固定できません。
足を動かすたびに、ロープのテンションが変わってしまいます。でも、まあ何とかなりました。

でも、考えたら足元にこういうロープや三脚やらがあるのは、安全上あまりよくないですね。



それにしても、この日はラフトが多い。

日本中のラフトが集まったのではというくらい、そこいらじゅうラフトだらけです。




親鼻水位1.77の小滝。

なかなかいい感じです。




岩畳を行くラフトの大艦隊。

この後、みなさんどんどん川に飛び込みます。

それ程きれいでない瀞場を、ライフジャケットつけてまったり流れてるだけですが、みなさんすごい楽しそうです。



遊船のりば。人いっぱい。

この日は、空も、川原も、川の上も混んでますね。






キャンプ場のあたり。いい天気です。

ここで、丹沢湖で再開したSさんに遭遇。ちびっ子たちの指導中でしたので、手だけ振って先へ行きます。

さらに、樋口に近づくと、なにやらオレンジ色のダッキーを片付けている人がゴールに見えます。
そるとさんでありました。

14:46ゴール。

1時間あまりの川くだりでしたが、波が大きいというか、ボリューム感があって、やはり1.77はいいですねえ。




で、その後はS字の瀬。
こちらも、最高でありました。
S字の瀬を下られる際は、くれぐれもスカウティングしてください。






==data=====

■コース: 親鼻橋駐車場〜樋口 6.7km
■メンバー:ソロ
■用艇:NRSバンディットT。
■天気:晴れ。
■釣師:ゼロ(だったような・・・)。

水文水質データベースによると13:00の親鼻が1.77。
■水質:ふつう。
■水温:親鼻橋下流13:23の水温が約23.0℃。
■気温:気象庁によると13:00の秩父の気温は31.2℃。Max 32.8℃
■ゴール地点駐車場:ひぐち駅。( \500/日・台 )
■スタート地点駐車場:利用なし。

■タクシー:利用なし
■電車:樋口 ⇒ 上長瀞 \230

■昼食:なし

■服装:上:半袖のウェット。 下:半ズボンのウェット。
     着替えはゴール地点のひぐち駅駐車場。


■旅程。2010.09.18
 --時頃 出発。
 12時頃 ゴールのひぐち駅到着。
 13:04 出発地 親鼻橋下流の駐車場着。
      (カッコ内は経過時間)
  13:40 (0:00 - 0.0Km) 親鼻橋下流よりスタート
  13:45 (0:05 - 0.4Km) 親鼻橋鉄橋
  13:55 (0:15 - 1.3Km) 小滝の瀬
  14:05 (0:25 - 2.1km) 長瀞の遊船乗り場
  14:16 (0:36 - 3.2Km) 金石水管橋
  14:24 (0:44 - 4.0Km) 高砂橋
  --:-- (-:-- - 4.3Km) 遊覧の終点
  14:46 (1:06 - 6.7Km) 樋口・ゴール
 
 
 ※距離は、国土地理院 1/25,000地形図をキルビメータで計測。誤差大いにあると思います。




(2011.09.25 up)

-- 修正履歴 --
2011.09.27 水温測定値の誤りと、水質のインプレッションを修正。


ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2011 Umi Yamakawa all rights reserved.