御岳 紅葉
(御岳橋 ⇒ 釜の淵)
canoe logo


2010・21th 多摩川 御岳・発電所 ⇒ 釜の淵(約9.9km)2010.11.13(Sat) 
曇り(青梅max18.9℃) 水位:調布橋 -2.31 → -2.29




11月も半ばになって、そろそろ今シーズンの川くだりも、たぶん今回でおしまいであります。
数えると今年、21回目の川くだりです。いやあ、今年はよく行きました。

この日のメンバーはTさん。一時は大所帯かと思われたんですが、みなさん浮世の義理に阻まれてしまいました。



集合は10時釜の淵。

駐車場も川原もガラガラです。
夏の喧騒が嘘のようです。

ただ、柳淵橋から下流側の川原が、「BBQご遠慮ください」の看板やらロープやらで閉鎖されていました。

騒音やら煙やらで近所の方が迷惑しているそうです。


天気予報は晴れマークだったんですが、曇っています。
まあ、特に寒いということはありません。






さて、この日は大した事はないいくつかの災厄に見舞われました。

まずこれです。
パドリングジャケットを被る時にメガネが飛びました。
アスファルトの上に落ちてこうなりました。

車に予備メガネを積んでいたので問題はありませんでしたが、微妙にさいさきが悪い。


Tさんとダラダラと駄弁ってから御岳へ向かいます。





発電所についてみると、駐車場が大変なことになっています。
満車で、坂道にも路駐車が溢れています。

まさか紅葉狩りか?と思ったら、『 Let's Go Rafting 』と書かれた幟が立っています。
あとで調べたら、『第2回御岳カップ』という大会が行われていた様です。




仕方ないので下流に車を走らせます。

御岳一丁目駐車場は満杯、寒山寺まで下りましたが、なんとそこも満杯です。

こうなると、問題を金銭で解決しようと、引き返して、御岳の有料駐車場へ向かいましたが、運よく御岳一丁目駐車場に空きが生じて停める事が出来ました。








紅葉が綺麗で、人がいっぱいです。

遊歩道を歩いて上流へ向かいます。
発電所まで歩くのはしんどいし、大会をやっているなら下れないでしょう。
少し歩いて、御岳橋の下からスタートすることにしました。

ここからなら、三つ岩も漕げます。




上流方向、Finishの横断幕が見えます。

しょっちゅうラフトが下ってきては、橋の手前で上陸して、みなさんラフトを担いで遊歩道を上っていきます。






この日、12時の調布橋水位は-2.31。13時は-2.29。結構高めです。
三つ岩は、右側も通れるくらい水が豊富です。

ウォーミングアップなしでいきなり水量豊富な三つ岩というのに、少し臆しながらスタートします。

水量が多いので、エディーキャッチしようなどという欲は毛頭ありません。


12:02スタート。
なかなかの迫力のホワイトウォーターです。

カメラを一台車に忘れたので、スタートして暫くは動画のみです。



前方に鵜の瀬橋。

ここまで6分しかかかっていません。




ミソギの瀬。






振り返って軍畑大橋。






喜久松苑の川原。

ここまで30分かかっていません。

川原はすっかり空いていて、遊んでいるのは一組。



さて、喜久松苑の先には、3本の堰堤があります。
普段は右岸ベタを通って堰堤を避けますが、この日の水量なら乗り越えることが出来るでしょう。

一本目はなんなく乗り越え。二本目も無事通過。

そこで、ふと、遊んでみたい気持ちが湧いてきました。

堰堤に向かって漕ぎあがり、バウを刺します。
水に力があって、これはとっとと止めないと沈してしまうと、後退しますが中々離れられません。
そのうち、艇が横向きになりました。




で、こうなりました。

それまで、曇りとはいえ特に寒いこともなく、快適に下っていたのですが、この沈以降、状況が一変します。

徐々に寒くなってきます。





奥多摩橋。






テニスコートの川原。

ここも、人も車も少ない。




好文橋の下で休憩。

この日、昼食は上がってからにしようという事になっていたので、ここではコーヒーを入れてお菓子を食べます。

温かいコーヒーが本当にありがたい。

しかし、コーヒーも私を芯から温めてくれることは出来ませんでした。
だんだん震えてきます。

空は、時折薄日が差しますが、基本曇りです。
太陽が恋しい。






休憩後、運動すれば暖かくなるだろうと、気合を入れて漕ぎます。

空は曇り、川岸には枯れた葦? あるいはススキでしょうか。

寒さを倍増させるロケーションです。





ブリジストン奥多摩園のあたり。

紅葉が綺麗です。






神代橋の下流にあった倒木が、この日なくなっていました。(左上写真)


暫く漕ぐと、左岸に倒木がありました。

ずいぶん流された様です。
左岸沿いなので、この状態なら問題はないでしょう。




和田橋。





この日の紅葉ですが、いまひとつ鮮やかではありませんでした。
時期が少し早いのか、あるいは今年は色がいまいちなのか、よくわかりません。

ただ、やはりなんといっても曇空だったのが一番の原因でしょう。紅葉が映えません。

太陽は偉大であります。


ゴールは14:10。
休憩時間を引くと、御岳橋から釜の淵まで、1時間24分です。-2.29だけあって、かなり早いですね。

ゴールの後、まずは着替えてから艇を畳みました。
この時ほど、乾いた服がありがたいと思った事はありません。

やはりこの時期、沈するものではありません。


そして、最後は今シーズン、最初で最後の「玉川屋」へ行って、ざるそば(\750+大盛り\200)と山女の塩焼き(\700)を食しました。
玉川屋はいつもおいしいですねえ。

これで、今シーズンは、たぶん、終了です。無事に下れてよかった〜。
川の神様に感謝です。





==data=====

■河川 :多摩川
■コース:御岳橋 〜 釜の淵公園
■メンバー:Tさん
■用艇:NRS バンディットT
■天気:曇り
■釣師:1人とか2人とか・・。ストレスなし。

■水位:この時期にしてはかなり高め。
  水分水質データベースによると調布橋水位は、12:00が -2.31。13:00以降 -2.29。
  但し、2007年の台風9号以降、以前よりも水位が低めに出ている。30cmくらいプラスすると前の感覚だろうか。。。
■水質:水量が多めなので、澄んだきれいな様子は見られなかった。
■水温:11:40の御岳橋直下の川原が約12.0℃。
■気温:気象庁によると12:00の青梅の気温は17.9℃。最高気温:18.9℃。

■スタート地点駐車場:御岳一丁目駐車場。(無料)
■ゴ ー ル地点駐車場:釜の淵公園駐車場。(有料)。※着替えはここ。

■タクシー:利用なし。
■昼食:終了後に玉川屋。DR中は、お菓子とコーヒーで休憩。
■服装:上:長袖のラッシュガードの上に、半袖のウエット+パドリングジャケット。下:長ズボンのウエット
■旅程。2010.11.13
 10:00頃 釜の淵公園駐車場着。( ここで着替える。)
 10:55頃 御岳 発電所の駐車場着。満車で入れず。
      寒山寺に引き返すもいっぱい。再度ミタケに戻る途中、御岳一丁目駐車場に入れた。
     (カッコ内は経過時間)
   12:02( 0:00 -  0.0Km) 御岳橋 スタート
   --:--( -:-- -  0.1Km) 御岳小橋
   12:09( 0:06 -  0.6Km) 鵜の瀬橋
   12:13( 0:11 -  1.1Km) 楓橋
   12:23( 0:21 -  2.4Km) 軍畑大橋
   12:29( 0:27 -  3.5km) 喜久松苑
   12:36( 0:34 -  3.6Km) 奥多摩橋
   12:40( 0:38 -  4.5km) テニスコート
   12:47( 0:45 -  4.8Km) 好文橋
     *** 休憩 44分 ***
   13:31( 1:29 -  4.8Km) 好文橋
   13:39( 1:37 -  5.9Km) 神代橋
   13:47( 1:45 -  6.9Km) 和田橋
   14:04( 2:02 -  9.2Km) 万年橋
   14:10( 2:08 - 9.9Km) 柳淵橋 ゴール

(2010.11.14 up)

修正履歴:
 2011.11.14 タイトル部の気温・水位を訂正。


ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2010 Umi Yamakawa all rights reserved.