続続・ウエットスーツの修理
canoe logo


続続・ウエットスーツの修理  2010.04.18(sat)



2010.04.10(sat) 多摩川を下りに行ったとき、ふと目を落とすと、ウエットツの縫い目がほつれているのに気づきました。
ちょうど、股間のところです。

場所が場所だけに、そのままにしておく訳にも行きません。

しょうがないので、フネの応急処置用に携行しているダクトテープを貼りました。

かなり、格好悪い。間抜け感たっぷりです。



このウエットスーツはカヌーを始めたときから使っているので、もう8年履いています。
2007年には肛門のところがほつれて、やはり自分で修理しました。
もう、いい加減新しいのを買ってもいいんですが、ウエットスーツ買うなら、PFDかヘルメットを買いたいし・・・。





こんな感じです。左は外側、右は内側の状態です。





3年程前に買った修理セットを使います。
ボンドが固まっているかと思ったら、平気でした。

まずは、ほつれた生地の断面にボンドを塗って張り合わせます。
待つこと2・3時間。説明書には、5〜6時間待てと書いてありますが、待つの苦手です。

その後は、薄い熱圧着シートをあてて、アイロンをかけます。

何度だったか忘れたので、とりあえず「弱」でかけました。

後でみたら140〜150℃と書いてあります。
いいか悪いかわかりませんが、「中」でかけなおしました。


修理完了です。






見た感じ、修理したところが窪んでいる様に見えます。

強くアイロンを押し当てたからか、接着後の時間が短かったせいか、2度掛けしたからか、熱圧着シートが接着面に食い込んだようになっています。

前に修理したときも同様の現象が起きました。
学習能力なしです・・・。






大げさに図解するとこんな感じです。
一応、開いた箇所に再度ボンドをつけはしましたが・・・。


まあ、とりあえず、これで暫くもつでしょう。




ちなみに、ウエットスーツのリペアキットは普通にネットで売っています。
大体\1,260とか、そんな感じです。ひとつリンク貼っておきます。

yahooショッピング ウェットスーツリペアキット    楽天市場 ウェットスーツリペアキット


(2010.04.24 up)




ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2010 Umi Yamakawa all rights reserved.