||| CAUTION |||
神代橋下流にストレーナー 流失
canoe logo


2010.11.13 の状況 



■2010.11.13の状況

11/13に下った時の状況です。

神代橋の少し下流に今シーズン出現した倒木ですが、11/13に下ったときに姿を消しておりました。


前回あった倒木が忽然と姿を消しています。




400mほど漕いだところで左岸に倒木を発見しました。




左岸に張り付いた感じなので、この状態なら特に問題はなさそうです。



(2010.11.16 up)





2010.07.10 の状況 



■2010.07.10の状況

7/10に実際に下ってきました。
倒木の位置は、4月に下ったときより多少下流に移動しているように感じました。

( 感覚的なものですが、6月に神代橋から見た時とは、あまり位置は変わっていないのではないかと思います。)

瀬の突き当りからの距離も多少伸びたので、通常水位なら回避は問題ないと思われます。



上流から。


左に迂回して、真横から撮影。(右が上流)






(2010.07.24 up)





2010.005.05、05.12の状況 



■2010.06.05の状況


2010/06/05 の状況。
4/29と位置は変わってないようです。




■2010.06.12の状況


2010/06/12 の状況です。
6/5と位置は変わってないようです。
ちょうど、ラフトとダッキーの船団が下ってきました。

メインカレントはやはり衝突コースの様に見えます。
瀬を下っから多少距離もありますし、
無事に、倒木の左側へ迂回していました。








(2010.06.20 up)







2010.04.29の状況  2010.04.29(Thu)



2010/04/29 の状況。
神代橋より、下流方向を撮影。黄色い○の中にストレーナー。





拡大図 その1





拡大図 その2




前回撮影時とは、見る角度も違うのと、水位も違うのでなんともいえないが、多少下流に移動しているようにも見える。

いずれにしても、依然、意識して回避しないで本流を下ると、突入コースになると思われるので注意が必要だ。

(2010.05.04 up)






神代橋下流にストレーナー出現  2010.04.10(sat)



2010.04.10(sat) 多摩川を下った時に、ストレーナーが出来ているのを確認しました。

神代橋の下流の浅瀬の先の左カーブのところに、木が倒れこんでいます。

がけの上から落ちてきたのではないかと思われます。

この3枚の写真は14:03に撮ったもので、右側が上流です。



流れは正面のがけに当たって左カーブしており、普通に下るとこの木の根っこ部分に突入します。
現に私はそうなりました。

14時の調布橋水位は-2.52です。
私は根っこ部分に突っ込みましたが、特に吸い込まれることなく、問題なく脱出できましたが、水量が多いときは危険と思われます。




今回の水位であれば、事前に確認して左に寄れば、回避は特に難しくないと思います。

同行の二人は木にぶつからずに回避しました。

今後の流れによって、移動することも考えられます。
川くだりの際はご注意ください。




(2010.04.11 up)





Copyright(C) 2010 Umi Yamakawa all rights reserved.