続・ウエットスーツの修理
canoe logo


続・ウエットスーツの修理  2007.10.27(sat)


7月にリペアキットを買って修理したウエットスーツ(長ズボン)だが、長瀞で再び穴が開いた。


穴が開いたのは前回修理した箇所。(肛門部分)
薄くなっていかにも心もとなかったが、やはり穴が開いてしまった。





前回同様、洗濯ばさみで挟んで接着面を立たせてウエットボンドを塗る。
数分後、接着面を寄せ合わせて一応、穴はふさがった。



穴はふさがったものの、これでは次回再び開くのは明らかなので、
補修用の生地を貼り付けることにした。

ところが、切断面は接着できるウエットボンドも、
生地の表面に塗るとどんどん生地に吸い込まれていく。

大体、スーツの生地も、補修用の生地も、
表面は薄いナイロンぽい別の素材になっている。
ウエットポンドを塗りたくったものの全く着かず断念。



次に、痛んだ箇所を広く切り取った。
周囲が白っぽくなっているのは塗りたくったボンドの跡。


補修用の生地を穴の大きさに合わせて、
かなり適当に切り取って接着。



待つ事4時間半。
接着した箇所はほぼ固まったように見える。

次は、キットについている薄い熱圧着シートをアイロン掛け。




待った時間が短かったのか、アイロンの温度が高かったのか、
ボンドが溶けて接着面が離れてしまった。

慌てて、接着面を再度寄せ合わせて圧着。

一度接着したところが離れたせいか、
スーツの生地と補修用の生地の厚さが違うせいか、
熱圧着シートが生地の接着面に食い込む様な感じになってしまった。

今回、なにも考えず、アイロンの温度設定は"高"にしたが、
後で説明書をみたら140℃〜150℃ 10秒〜12秒と書いてあった。



その後、翌日までそのままにして、修理は完了した。
まだ出かけてはいないが、穿いた感じでは問題なさそうである。



yahooショッピング ウェットスーツリペアキット

楽天市場 ウェットスーツリペアキット



(2007.11.11 up)





ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2007 Umi Yamakawa all rights reserved.