奥多摩カップ 〜下見編〜
北氷川橋下流 〜 数馬峡橋下流
canoe logo


2009・4th 日原川・多摩川 奥多摩 ⇒ 白丸(約3km ?)2009.05.23(Sat) 晴れのち曇り 気温(max28.3℃[青梅])


今シーズン、4回目のDRも多摩川。なかなか長瀞に行く機会がない。
しかし、今回は多摩川は多摩川でもいつもと違う。
6/7の奥多摩カップの下見を兼ねて、御岳よりはるか上流、JR奥多摩駅付近から、
白丸ダムの手前までの約3kmほどを漕ぐ。
未漕区間であり、多摩川合流までの数百メートルだが、日原川も漕ぐ事になる。
カヌー歴9年目にして、漸く9本目である。

同行はメグさん。家を出てからダメもとでお誘いのメールを入れた。




白丸ダム。
青梅街道からは、「白丸魚道」の看板を目印に左にそれる。大体、こんな感じのダムである。





ダムの脇には、白丸魚道の入り口の建物がある。駐車場のキャパシティは23台。無料。
左写真の建物から、魚道へ降りていく。
入場は無料だが、入り口にはおじさんがいて、弁当を食べていた。
湖への降り方など尋ねていろいろしゃべっていると、もうすぐカヌーのレースがあるという。
なんか、いい町ですなあ。




白丸魚道駐車場のトイレ。
左が男性用。右の白い扉が女性用兼車椅子用の多用途個室。清潔です。





メグさんを待つ間、暇なので魚道に降りてみた。
左写真:魚道入り口の建物から下を除いたところ。
右写真:無邪気に降りて、上を見上げてハッと気づいたところ。ここを上らないといけない。





魚道深部。
地下核シェルターの様な雰囲気が漂う。(行った事ないけど)
洞窟のように、ひんやりしている。それにしても、こんなところ、わざわざ魚が通っていくんだろうか?
そういうことこそ、おじさんに聞いてみればよかった。




メグさんがなかなか来ないので、少し散策してみる。
魚道から青梅街道を少し上流に歩いたあたり。湖面にカヌー発見。
それにしても、このあたりの青梅街道は、歩道もなくて、ダンプなどが通ると歩くにはオッカナイ。

さて、しばらくして、メグさんから、「今、御岳通過」の電話がある。
前後して、ダムよりも、少し上流の数馬峡橋の方が川へのアプローチがよさそうだと気づく。
おじさんに聞くと、駐車場もあるということなので、とりあえず、移動する。



数馬峡橋の駐車場。
数えていないが、キャパは20台位か。無料。

道路の反対側の橋の袂にも数台とめられる。

ここでメグさんを待つ。




駐車場に隣接したトイレ。車椅子用の多用途個室はない。

ここでメグさんと合流してスタート地点へ向かう。

スタート地点の駐車場は、奥多摩町役場の少し先、北氷川橋までの間にある。数えていないが、キャパ十数台くらいか。無料。



この日のスタートは、北氷川橋の少し下流。橋の袂から川原へ降りられる。(左写真後方が北氷川橋。)
2月にラナパパさんにお声掛けいただき、バンディットを見せていただいた川原である。
インチキだけど、一応、日原川の最後の数百メートルからスタート。
釣師が二人いて、ちょっと心配したが、ここだけだった。

14:21出艇。水温は、15℃。御岳あたりと比べるとずいぶん水が澄んでいる。



前方に氷川大橋。





氷川大橋を潜るとその先が、氷川小橋。




氷川小橋の先が、日原川と多摩川の合流点。
写真は、右手から合流してくる多摩川。上流方向。
写っているのは、登計橋。





合流した後、すぐに<見えるのが昭和橋。

BBQのおじさんが、川で鉄板を洗っていた。
うーん、おじさん、折角、水が澄んでいるのに・・・。






昭和橋の先が、氷川キャンプ場。
ここが、奥多摩カップのスタート地点だ。タイムスタンプ代わりに写真を撮る。14:31。



キャンプ場の先に、もえぎ橋。





しばらく、こんな感じの緑濃い景色が続く。
水は澄んでいるが、水量が少なく、所々スタックする。





前方に、海沢大橋。
相変わらず、緑が濃い。




川原に降りられる道。
ここはスタックしまくり。






スタックはするが、水が綺麗。
上の写真の瀬の先が、いい感じの淵になっていて、
思わず、艇を岸につけて、ゴーグルをつけて潜ってみる。





その先もこんな感じで緑が濃い。
釣り人も、川遊びの人もいない。
もし、ハイシーズンもこんな感じなら、結構いい場所だ。



前方に数馬峡橋。
すでに白丸ダムのバックウォータ。
この橋を潜って少し行った先がレースのゴール。



14:57ゴール。
写真は、ゴール地点より上流方向。数馬峡橋。

水面には、大量の落ち葉が漂っていて、
ベイラーホールからどんどん侵入して来る。






左:上陸地点から、数馬峡橋へつづく遊歩道。右:数馬峡橋。





数馬峡橋から。
左:上流方向 右:下流方向。



さて、デジカメのタイムスタンプから計算すると、奥多摩カップレース区間の漕下に26分かかっている。
途中、つい潜ったりしたが、せいぜい3分のロス。
2008年リザルトのトップが10分04秒410。
ただ、今回は水位が低くて何度もスタックした。
去年は水量豊富だった様なので、その差を考えると、下位には食い込めるか・・・。


この日の水位は14時の調布橋水位が-2.56、まあ、白丸ダムをはさんでいるので、大してあてにはならない。
天気は晴れ、青梅の気温は14時で27.0℃。最高28.3℃。


とにかく、水の澄んだ区間だった。距離は短いが、真夏に人がいないとしたら、なかなかいい感じだけど、
そうは行かないだろうなあ・・・。

さて、橋の名前を調べるのは結構面倒だ。今回、結構手間がかかった。結局はネットで分かったんだけど。






==data=====

■河川:日原川・多摩川
■コース:北氷川橋下流 〜 数馬峡橋下流
■メンバー:メグさん
■用艇:バンディットI。
■天気:晴れのち曇り。
■釣師:出発地点に二人。

川の防災情報によると14:00の調布橋が-2.56。
  但し、2007年の台風9号以降、以前よりも水位が低めに出ている。30cmくらいプラスすると前の感覚だろうか。。。
     水位ひくく、途中何度もスタック。
■水温:14:14の北氷川橋下流が約15.0℃。
■気温:気象庁によると青梅の気温は最高28.3。

■スタート地点駐車場:奥多摩町役場横の駐車場。(無料)
■ゴ ー ル地点駐車場:数馬峡橋付近の駐車場。(無料)。※着替え、ここに来る前の白丸ダムの駐車場。

■タクシー:利用なし。
■昼食:なし。
■服装:上:半袖のウエット。
     下:半袖のウエット。

■旅程。2009.05.23
 14:21 (0:00 - 0.0Km) 北氷川橋下流 スタート
 14:25 (0:04 - 0.2Km) 氷川大橋
  : ( : -  . km) 氷川小橋
  : ( : -  . km) 多摩川との合流川
 14:28 (0:07 - 0.4Km) 昭和橋
 14:28 (0:07 - 0.5Km) 氷川キャンプ場
 14:32 (0:11 -  . Km) もえぎ橋
 14:40 (0:19 - 1.8Km) 海沢大橋
 14:55 (0:34 - 2.8Km) 数馬峡橋
 14:57 (0:36 - 3.0Km) 数馬峡橋下流 ゴール。
 
  ※距離は、1/25000地形図のキルビメータによる測定値をネットの地図等で調整しました。。
   かなり誤差があると思われます。(2009.06.21)
  ※時間はデジカメのタイムスタンプを基にしたもので、多少の誤差はあります。


(2009.05.31 up)

-- 修正履歴 --
2009.06.21 Dataの距離を記入しました。


ひとつ上へ   TOP

Copyright(C) 2009 Umi Yamakawa all rights reserved.