9月の多摩川
(喜久松苑 ⇒ 釜の淵)
canoe logo


2008・12th 多摩川 喜久松苑 ⇒ 釜の淵(約6.4km)2008.09.13(Sat) 晴れ


この日は、同じ会社のTさんをお誘いしての川下り。

Tさんは初めての川下りなので、タンデムにしようかと超ほんの少しだけ迷ったものの、
やはりソロが面白かろうと、スターンズIK140に乗っていただく事にしました。
区間は、喜久松苑 ⇒ 釜の淵(約6.4km)。
この区間をIK140なら初めてでもまあ大丈夫だろう。

天気予報は晴れ後曇り夕方弱雨。
8:00時点の調布橋水位は、-2.28。
ちょっと多めだが喜久松苑より下なら丁度いい。

さて、当日の朝、準備をしていると例によってももは自分もいけるもんだと勘違い。
しょうがねえ。
Tさんにメールして、"もも"も一緒に行く事になりました。

往路、車中のもも。
もう、すっかりご機嫌であります。
川が大好きなのであります。



10時に釜の淵で待ち合わせ。
10分ほど前に着くと、Tさんは既に到着していました。
スタート地点の駐車場満車を恐れて、着替えはスタート側でする事にします。

10:20頃、軍畑園地駐車場に到着。
着いたときは、3〜4台の空きがありましたが、
着替えているうちにどんどん埋まっていきました。

とっとと移動して正解でした。


駐車場のトイレで着替えて川原へ。
11:38頃川原に到着。

駐車場はそこそこ一杯だったのに、川原は空いています。
そういえば、カヌーキャリアをつんだ車が多かった。
天気もいいのに川原のBBQはもう下火なのかもしれません。

写真は左がスターンズIK140、右がヘリオス380。
IK140は2年ぶりの出番です。



2艇のセットアップが終わって、
一応、パドルの動かし方と、
なにより沈脱漂流時の注意点をレクチャーします。
ここだけは押さえていただかないといけません。
準備完了が11:39頃。

なんやかやで、一時間かかった事になります。
まずは、出発の前に、Tさんにもライフジャケットつけての
川下りを楽しんでいただきます。

水温は18℃。
良い塩梅です。



11:49 いよいよ出艇です。






まずは3本の堰堤ですが、
3本目のところでいきなりTさんが岩に引っかかりました。
まあ、そもそも大したレスキューは出来ないのですが、
ももが誤算でした。
重い上に右に左に動くので、艇が安定しません。
水も被ると、なかなか艇が言う事を聞きません。
なんとか岸に寄せようとしたら、
堰堤の下流の大岩のところで"もも"が脱出。

やっとこさ岸に寄せて様子を見に行こうとしたら、
Tさんが自力脱出して下ってきました。
中々やります。




2年ぶり川下りのもも。






奥多摩橋をくぐった先のザラ瀬っぽいところ。
Tさん艇が岩に引っかかって動きません。

艇を左岸に寄せて、様子を見に行こうとしたら、
またしても自力で脱出。




自力脱出後のTさん。






テニスコートの瀬の川原。
ここも空いています。

もう、空きという事の様です。



テニスコートの瀬でも引っかかったTさん。
上陸して様子を見に行こうとしたとき、
Tさんが後ろ向きに下ってきました。








ちょっと格好付け気味のもも。
後方は好文橋。






好文橋をくぐったところで振り返ってTさん。






神代橋をくぐったところで振り返ってTさん。







神代橋の先の流れが岩に当たる所。

Tさん右手をかざしてます。




12:54。和田橋を過ぎてテトラの瀬。
ここでも、ももが瀬の中で脱出・漂流。
まあ、転落と言った方が正しいか・・・。

そのままここで昼食にします。

メニューは相変わらずのコンビにおにぎりとお菓子少々。
Tさんは愛妻オニギリ。
食後は、バーナーでお湯を沸かしてコーヒーを淹れます。
Tさん「会社で飲むのと違っておいしい」
いや、真実ですねえ。


ゆっくりコーヒーを飲んで、13:47再出発。

食事を摂らないももは、人間達が食事をしている間も、
川へ入って、上がってきて、砂の上で転がって、
人の側に来てブルブルして、
というのをずっと繰り返しておりました。

それにしても、いいコンディションなのに、
今日はカヌーを見かけません。




二股の瀬の大岩の手前で振り返ってTさん。

大岩の瀬でも、ももが脱艇した様なしなかった様な・・・。
人間の記憶は極めてあいまいです。
(というか、私だけ?)
デジカメの映像とタイムスタンプだけが頼りです。




もう直ぐゴール。振り返ってTさん。
その後ろは万年橋。





前方に柳淵橋。
調子に乗って艇首のデッキに移動したももは、
瀬に入ったところで、転落。
というか脱艇・漂流。
そしてそのまま、14:07 ゴール。





結局、残念ながらTさんの初沈を見る事は出来ませんでした。
でも、川下りは気に入って頂けた様なので、是非次回に期待したいと思います。

それにしても、天気よし、気温水温よし、水量よし、釣師はいるものの川幅広くストレスなしでよし。
完璧なコンディションでありました。

くり返しになりますが、この日はカヌーに殆ど会いませんでした。
ウイズネイチャーさんのところ以外だと準備中にNRSのダッキーが通り過ぎていったのと、
ゴールして片付け中に、赤いアルフェック(多分ボイジャー)のタンデムが通り過ぎていっただけでした。
変なところで秋を感じてしまいます。

それはそうと、多摩川でファルトを見たのは久しぶりでした。

私の反省点としては、初めての方と一緒のときに、ももを連れて行くのはどうかという事です。
ももの体重+動き回る事で、操艇がかなり難しくなります。
今回、Tさんが引っかかった時に、すばやく対応する事が全く出来ませんでした。

まあ、ももがいなかったとしても、私の腕ではそうは結果は変わらないのではありますが・・・。


==data=====

■コース:喜久松苑 〜 釜の淵
■メンバー:Tさん
■用艇:ヘリオス380、スターンズIK140。
■天気:晴れ。
■釣師:数箇所計20人ほど。水量豊富で川幅がありストレスなし。

川の防災情報によると12:00の調布橋が-2.27。
  但し、2007年の台風9号以降、以前よりも水位が低めに出ている。30cmくらいプラスすると前の感覚だろうか。。。
  通常より多めでいい感じ。
  ライニングダウンなし。
■水温:11:10の喜久松苑の川原が約18℃。
■気温:暖かかった。
■ゴール地点駐車場:釜の淵公園駐車場。

■タクシー:利用なし。
■昼食:相変わらずコンビニのおにぎり他+コーヒーを淹れる。
■服装:半袖/半ズボンのウエットスーツ。

■旅程。2008.09.14
  9:52 釜の淵公園駐車場着。
 10:20 軍畑園地駐車場着。
 10:38 喜久松苑の川原着。
  11:49 (0:00 -  0.0km) 喜久松苑 スタート
  12:00 (0:11 -  0.1Km) 奥多摩橋
  12:06 (0:17 -  1.0km) テニスコート
     *この間、着岸して空気を入れ増し
  12:31 (0:42 -  1.3Km) 好文橋
  12:41 (0:52 -  2.4Km) 神代橋
  12:49 (1:00 -  3.4Km) 和田橋
     *テトラの瀬 にて昼食 12:54 - 13:47(53分)
  14:01 (2:12 -  5.7Km) 万年橋
  14:07 (2:18 -  6.4Km) 釜の淵 ゴール。
 
 15:37 軍畑園地駐車場着にて解散。
 
  ※時間はデジカメのタイムスタンプを基にしたもので、多少の誤差はあります。


(2008.09.18 up)

■2008.09.28 昼食時間を訂正。12:54 - 12:47 ⇒ 12:54 - 13:47


ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2008 Umi Yamakawa all rights reserved.