長瀞 長女ソロデビュー
(栗谷瀬橋下 ⇒ 樋口)
canoe logo


2008・11th 荒川 栗谷瀬橋下流 ⇒ 樋口(約8.1km)2008.08.02(Sat) 晴れ・超暑い


いよいよ、長女の長瀞ソロデビューである。

多摩川は釣師が居るし、なにより長瀞の楽しさを伝えたい。
水位の低いときを狙っていたら、この日7:00の親鼻が1.55。
この水位ならグモJrでも平気だろう。長女6年ぶりの長瀞である。
15時から町内会の納涼飲み会があったが、まあなんとか戻ってこれるだろう。
と楽観的な計画を立てる。

8時過ぎに家を出て、コンビニで飲み物とお菓子を買う。
関越が多少混んでいて、樋口に着いたのは9:24。
(この時点で24分遅れ。)

ゴール地点の偵察をして、9:50の電車に乗る。
10:04 親鼻駅着。



20分歩いて、10:24 皆野中下の川原に到着。
もうふらふら。

川に下りていこうとすると、竹傘のおじさんとすれ違った。
『親鼻橋まではカヌー禁止なんだよ。』
『えっ』
『看板見なかった?』
『えー、そおなんですか?』などと、
適当に応じていると、『行っちゃっていいよ。』




一応、オジサンのいう看板を見に行ってみた。
予想通りであった。

〜鮎釣り等はご遠慮ください。秩父カヌー組合〜

なんて書いたら怒られるか・・・。



今回は出発地点の川原で着替え。最新式の自作着替えマントが絶大な威力を発揮した。


11時の水温は24℃。

11:20出艇。 (この時点で予定より20分遅れ。)

ところで、この時、既に川下りを終えたそるとさん
川原にいらっしゃったと、後で伺いました。
奇遇というか、まあ週末長瀞に行けば、
そるとさんとニアミスするのは必然かもしれません。

(写真はそるとさん提供)



まずは、滑り台の瀬(?)ではねる、長女のグモJr。




鉄橋を潜って振り向いたら丁度いい按配でSLが通過。




鉄橋の先で水抜きに上陸。
埼玉県警のラフトが岸に待機していた。
出番はあるのかと聞いてみたら、結構あるらしい。

少し情報交換をした後、艇の写真を撮らせてもらった。
いい感じのおまわりさん達であった。
「小滝、頑張ってね」と娘に声を掛けてくれた。



さて、いよいよ小滝である。
まずは中州に上陸してスカウティング。
左に行くなと説明した後、カメラを預け、まずは父から。


あまりに暑いから、空気を控えめに入れたせいで、
多少ふにゃふにゃなのが気になったが、
まあ、7:00親鼻1.55なら平気だろうと、そのままいく。


波に突っ込んだ際に、右にひねられる。



抗うまもなく、あっという間に真横状態。



で、この有様。



途中で艇を放してしまい、
わが身は右へ、艇は左のエディーへ。




とりあえず艇のことはそのままにして中州に戻る。
次は長女。


真正面から波をかぶり。



そしてクリアして行きました。




その後、親切なリジットの方々が、ヘリオスをエディから脱出させて下さいました。
ポンプを出して、空気を入れてパンパンにします。
娘の手前、もう失敗は出来ません。


リトライ。
正面から波を食らいます。


でもってクリア。
何とか面目を保ちました。



「ちょっと遊んでいい?」と川に入る長女。




小滝の中州で、ふと時計を見たら12:30。
もともと、11時に出艇して12:30にゴールする計画だったので、
かなりの遅れ。

町内会の納涼飲み会に黄色信号が点る。




金石水道橋の先、キャンプ場の瀬を過ぎて振り返る。
あっちの岩からトボーン、こっちの岩からどぼーん。




多分、洗濯機の瀬。

大体、長女はカヌーにいくとぼんやりしていて、
チンタラチンタラ漕いでいる。
随分後ろに居る。
このままでは飲み会に遅れてしまう。
それに、あんまり離れると危険だ。

もっと速く漕ぐ様、伝えようと、
パドルをとめて振り返ると、娘も漕ぐ手を休めてぼんやりしている。
これでは一向に縮まらない。段々むかついてくる。




結局、ゴールに着いたのが、13:33。一時間遅れ。
14:05に帰路について、15:24帰着。
慌ててシャワーを浴びて、一時間遅れで飲み会に駆けつけたのでありました。

それにしても、長瀞は実に楽しい。最高の父子下りでありました。
しかし、長女は結局、一回も沈しなかったのでありました。。。

==data=====

■コース: 栗谷瀬橋少し下流〜樋口 8.1km
■メンバー:長女
■用艇:父:ヘリオス380、長女:グモJr。
■天気:晴れ・暑い、超暑い。
■釣師:親鼻橋の前後に計十数人。以外はゼロ。
    割と狭窄部に居るので、親鼻橋下流の川原から出た方がいいかも知れない。

川の防災情報によると12:00の親鼻が1.55。
■水質:特に変わった印象なし。相変わらずイマイチ。
■水温:栗谷瀬橋下流11:00の水温が約24℃。
■気温:超暑い。
■ゴール地点駐車場:樋口駅の日貸駐車場。(\500/日 キャパ2台。)

■タクシー:利用なし
■電車:樋口⇒親鼻(\300×2名)
■昼食:ツーリング中はなし。
■服装:親子ともに半袖・半ズボンのウエットスーツ
    もう、ウエットスーツである必要がないという気温。
    着替えは出発地点の川原。
■旅程。2008.08.02
 09:24 ゴール ひぐち駅駐車場着。
 09:50 ひぐち駅発。
 10:04 親鼻駅着。
 10:24 出発地 栗谷瀬橋下流の川原着。
      (カッコ内は経過時間)
  11:20 (0:00 - 0.0Km) 栗谷瀬橋下・出発
  11:35 (0:15 - 1.3Km) 親鼻橋
  11:42 (0:22 - 1.8Km) 親鼻橋鉄橋
  12:00 (0:40 - 2.7Km) 小滝の瀬・着
  *** この後、沈あり、リベンジあり ***
  12:32 (1:12 - 2.7Km) 小滝の瀬・発
  12:39 (1:19 - 3.5km) 長瀞の遊船乗り場
  12:55 (1:35 - 4.6Km) 金石水道橋
  13:04 (1:44 - 5.4Km) 高砂橋
  13:07 (1:47 - 5.7Km) 遊船の終点
  13:33 (2:13 - 8.1Km) 樋口・ゴール
 
 ※距離は、国土地理院 1/25,000地形図をキルビメータで計測。誤差大いにあると思います。


(2008.08.06 up)



ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2008 Umi Yamakawa all rights reserved.