2007 4th ミルクティーの多摩川を下る
(軍畑大橋 〜 河辺・市民球技場)
canoe logo


2007・4th 多摩川 軍畑大橋 ⇒ 河辺・市民球技場  (約11.3km) 2007.09.16(Sun) 晴れ・暑い


前の日、長女と出かけたが、増水を目の当たりにして断念。
次の日は長女は部活。単身下るべく多摩川に出かけた。
天気は晴れ。とにかく暑い。

調布橋の水位は-2.14。前日から3cmしか下がっていない。
いきなりゴールには向かわずに、各地を偵察する。


■神代橋


【左】上流方向、【右】下流方向。
下流方向は、左岸寄りの障害物が全く見えない。
しかも突き当たりはボイルになっている。



■奥多摩橋


【左】上流方向、【右】下流方向。
左図、堰堤は完全に水をかぶっている。





■軍畑大橋


【左】上流方向、【右】下流方向。
右図、下流方向は中州がなくなり、どこでも下れそうだ。
ここで、スタート地点を絞り込む。御岳も、沢井も選択肢から外した。



■ゴール地点。河辺の市民球技場。

川岸に沿って立ち入り禁止のロープが張ってあったが、
お構いなしで、BBQをやっている。
流速はかなり速く、うかうかしていると接岸し損ねそうだ。




■河辺駅から下り方向。

タクシーを待っている間に、管理人のオジサンと話をする。
球技場を利用しない人が大勢車を止めていると、少し迷惑そうであった。
少し気が退けたが、オジサンの念頭にはBBQの人たちがある様で、
カヌーの私は気にしていない様子であった。

オジサンによると、二、三日前にカヌーが2艇流されたらしい。
一人は自力で岸に上がったが、もう一人は救助されたとの事。
そうこうするうちにタクシーがやってきた。

丁度いい電車に乗れそうだったので、喜久松苑ではなく、
河辺駅まで行く事にする。\740。

電車で行くとなると、喜久松苑はちょっと遠い。
スタートは軍畑大橋になる。




11:23の電車に乗り、11:48に軍畑着。¥160。


軍畑大橋左岸。川原へ降りられる階段がある。





橋の下で艇を作っていると、ラフト4艇とスラ艇が2艇やってきた。こんな時でもやっているのだ。
そして、こんな時にも釣り人はいる。


12:38出艇。
軍畑大橋の下流の中州はすっかり水に浸かっている。
左岸側コースの途中にある鉄杭も見えない。


喜久松苑が近くなるにつれて、波がどんどん激しくなる。
のんきにカメラを構えていたがそれどころではない。

喜久松苑の中州も完全に水没。

堰堤も一本目と二本目は正面突破。
三本目は落差があるので右岸寄りを下る。

その先の大岩は近づく気も起こらない。
幸い、増水していてコース取りは自由なので、
さっさと岩をよけるコースへ。



奥多摩橋の手前で、ラフトの一団が艇を止めていた。
岩の上に数人が上って、増水した川に飛び込んでいる。
飛び込んだ後はスラ艇がすかさず救助。

漂流と救助の練習なのだろうが、ちょっと危ない気がする。






テニスコートの瀬も増水。ここも中州がなくなっている。

右図、普段は左よりの岩の右側に突っ込むが、
写真を撮っているうちに左へ流される。



好文橋の先の流木も殆ど水中に没し、
先っぽだけが出ている。


神代橋の先のヤバイ障害物も所在不明。


神代橋の先の白っぽい大岩のある右岸に艇をつけて昼食。
相変わらずのコンビニおにぎりとペットのお茶。

慌てて食べたつもりは全然ないが、後で確認したら、
10分余りで食事を済ませていた。それも悲しい。






左上:左半分テトラの箇所の少し手前の岩。
   広くない水路の真ん中にあるので緊張する。
右上:テトラの手前の合流部。
左 :左半分のテトラ。もしかして台風9号で流されたのか、
   それとも増水した水面の下にあるのか、
   随分少なくなっている。







今回、左半分のテトラから大岩の間でテトラポットが目に付いた。
果たして、前からあっただろうか。それとも台風で流されたんだろうか・・・。



全方に大岩。
普段だと中州があって、狭い右コースと
浅い左コースに分かれるが、この日は一面冠水。
おっかない右コースは避けて左を行く。





万年橋の手前の中州もこの通り一体が浸かっている。




万年橋をくぐる。
普段ならその先は左岸寄りを下って、
大岩をかすめることになるが、
この日は余裕ではるか右側を航行。



釜の淵公園手前。
普段から竹がせり出しているが、
この日は木が倒れてせり出していた。
こんなのに引っかかったら事である。



この先の柳淵橋は、左岸側が砂利に埋まって、コースがなくなっていた。



前方に鮎美橋。
ここで艇の水を抜きつつ、デジカメのバッテリを交換。
リジットが3〜4艇、通り過ぎていった。

今回は、撮りまくる積もりで、予備のバッテリパックに、
SDカードも1GBのを2枚持った。

大量に写真を撮ったが、おっかないので、
どれも瀬の随分手前からしか撮れていない。






左:調布橋、右:下奥多摩橋。
この辺りになると、川幅が広く中流の様相になり、波もパワフルな感じになってくる。



下奥多摩橋の先、左岸の崖際を下ると、右から合流。
波高1m近くあるだろうか。しかも、斜めに突っ込む事に。
艇首が右へ振られ、波の中で艇が横向きになる。あわや沈。



14:43。河辺・市民球技場着。
流れが速く、接岸し辛かった。
結局、殆ど常に水舟状態だった。

川原にはBBQ客が沢山居て、小さい子供が水際で遊んでいる。
流れが速いので結構危ない。




今回は、増水して、さらに水も濁っているので、水面下に何があるのか分からなかった。
川幅一杯が水に浸かり、どこでも通れそうだが、実は浅瀬で底を擦ったりもする。
ヤバイと知っているところは見えなくても避けるが、知らないところは避け様がない。
そういう点でも危険である。

釣り人は、多少居た。
居るにはいたが、川幅が広く、全く気にならなかった。


==data=====

■コース:軍畑大橋 〜 河辺・市民球技場
■メンバー:ソロ
■用艇:ヘリオス380。
■天気:晴れ。とにかく暑い。
■釣師:やや少ない。(数箇所、十数人という印象)

川の防災情報によると13:00の調布橋が-2.14。

■水量:たっぷり。
■水質:ミルクティー。
■水温:12:30の軍畑大橋が約18℃。
■ゴール地点駐車場:河辺・市民球技場。

■タクシー:\740(河辺・市民球技場〜JR河辺駅)
■電車  :\160(河辺〜軍畑)
■昼食:コンビニのおにぎり、等。
■服装:半袖/半スボンのウエットスーツ。

■旅程。2007.09.16
---- 事前偵察 ---------
 9:38 神代橋。
 9:50 奥多摩橋。
10:06 神代橋。
---------------------
10:45 河辺・市民球技場到着。
10:56 タクシーコール。
11:23 河辺駅発。
     (JR) 11:48 軍畑駅着発。
11:59 軍畑大橋着。
   (カッコ内は経過時間)
  12:38 (0:00 - 0.0Km) 軍畑大橋スタート
  12:44 (0:06 - 1.1Km) 喜久松苑通過
             ** 途中水抜き **
  12:54 (0:16 - 1.2Km) 奥多摩橋
  12:57 (0:19 - 2.1km) テニスコート
             ** 途中水抜き **
  13:07 (0:29 - 2.4Km) 好文橋
  13:14 (0:36 - 3.5Km) 神代橋
             ** 昼食 約12分 **
  13:37 (0:59 - 4.5Km) 和田橋
  13:55 (1:17 - 6.8Km) 万年橋
  14:01 (1:23 - 7.5Km) 柳淵橋
             ** バッテリ交換 **
  14:11 (1:33 - 8.0Km) 鮎美橋
  14:18 (1:40 - 8.8Km) 調布橋
  14:25 (1:47 - 9.5Km) 下奥多摩橋
  14:43 (2:05 - 11.3Km) 河辺・市民球技場
 

(2007.09.24 up)
(2008.06.14 服装の誤りを訂正。下は、半ズボンだった。)





ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2007 Umi Yamakawa all rights reserved.