九月2回目の多摩川
canoe logo


2004・10th "喜久松苑" ⇒ "釜の淵"  (約6.3km) 2004.09.11  


なんとシーズン10回目の川下り。
インフレータブルの効能だ。

この日も天気は今ひとつの曇り空。
軍畑園地駐車場は前回に続いて満車。

喜久松苑の淵

今回は、今シーズン最高の水量。
普段は中州になっているところが、水没している。

後日、川の防災情報で水位を調べたら、
12:00の調布橋が−2.20だった。。


12時の水温は18℃弱。冷たい。

12:20出艇。
スターンズに妻と長女ともも。
ヘリオスに私と次女。

いつもの様に妻が釜の淵まで車を回送し、タクシーで戻ってくる。

スタート直後の3本の堰堤は、ほぼ冠水。


妻・長女・ももの乗ったスターンズ。

ももは一度、艇首に立って瀬に入り、波にさらわれた。
それからは、学習して瀬では後ろに下がる様になった。



昼食は、前回と同じ好文橋下流右岸。
写真は上流方向、好文橋。

メニューはカロリーメイトの他、カレーパン、スイスロールなど。
多少改善した。



この日、ももは何度も脱出。




スターンズで後席の長女。
調子に乗って立っている。
安定性がいいのも考え物。
テトラの瀬でテトラに突っ込みそうになったらしい。

ダラダラ下っているので、途中2つのパーティに追い越された。




調子に乗って次女も立ち乗り。





万年橋。

先週は、左岸に塔の様なものが立っていたのに、なくなっている。



橋をくぐって振り返ると謎が解けた。
先週の塔は、新しい橋だったのだ。



14:30釜の淵着。バーベーQの人はいるが、岩場から飛び込んでいる人はもういない。



===== Data =====
11:00 軍畑園地駐車場着
11:20 喜久松苑の川原着
12:20 出艇
14:30 釜の淵到着 (2時間10分)
15:00 艇を畳んで駐車場に着
15:30 帰路につく

天気:曇り
12時の喜久松苑の水温:18℃弱


===== 妻のスターンズ感 =====
スターンズについて妻に感想を聞いた。
1.水抜きが自分で出来ない(重くて)ので、つまらない。
2.艇が重くて回しにくい。
3.安定が良すぎてスリルが無い。

『私はグモ(ヘリオス)の方がいい』という事であった。



(2004.09.20 up)
(2005.04.10 時刻の誤りを訂正)


ひとつ上へ    TOP

Copyright(C) 2004 Umi Yamakawa all rights reserved.