航海日誌
canoe logo



6th navigation 長瀞 first 小滝攻略 親鼻橋〜高砂橋下流くつなしの瀬(約4Km) 2002.10.27(Sat)
 『今年はもう終わりか・・・』
 先週に続いて、この週も土曜は雨。
 最終戦に備えて、折角ビルジポンプとウエットスーツを買ったのに・・・
 ところが、日曜はバッチリ晴れてきた。

 07:20 出発
       コンビニに寄ったり、ガソリン入れたりで、
 07:40 実質出発
 09:00 親鼻橋通過
 09:20 ゴール地点のくつなしの瀬付近(ライン下り終点)に着。
       (駐車スペースは一般車10台以上OKかな???)
 09:40 着替え完了。taxiを呼ぶ。
       15分で来るといったのに、20分待ってもこない。
       25分経ってTelしたら『あと5分です』。
       結局、あと10分経ってtaxiは来た。
       35分もタクシーを待ったのはバブル期以来だ。
 10:30 親鼻橋着。
 11:30 出航。
 13:過ぎ GOAL高砂橋下流の遊船の船着場の先に到着。


    
    今年度の最終目標 長瀞 


  カメラはエポックワールドET−100
  途中レンズを下にして水のたまったコーミングカバーの上に置いていたら、
  冷えたせいか、すっかり内側から曇ってしまった。
  手ブレもあり・・・・・。


出発地点。親鼻橋下の河原。
直ぐ近くにライン下り遊船の乗船場がある。
写真に写っているのは、秩父鉄道の鉄橋。




いよいよ漕ぎ出した。天気は上々。
気温も高い。

【服装】 私のウエットスーツは、
     下:長ズボン、上:半袖。
長女のは、下:バミューダ、上:袖なし。
私は上にトレーナを着たが、長女は袖なしのウエットのみ。
さすがに、沈してからは寒いと言った。
それからは彼女にもトレーナを着せた。




鉄橋に接近。




教科書通り、右から2本目と3本目の橋脚の間に向かう。
結構なかなか波も高い。




この辺は”セイゴの瀬(多分)”
落ち込みに多少びびるが問題なくクリア。




”鉄橋の瀬”、”セイゴの瀬”と順調にクリアし、いよいよ”小滝の瀬”に接近。
『とにかく、中州に上陸して偵察しなければ』
『本流を行って、接近しすぎる事は避けねば』
と進路を真中に進んだら、浅瀬に座礁してしまった。
フネから降りて、深いところまで歩いて、その後が不味かった。
普段なら、浅めの所で乗り込んでから、本流に出るのだが、
今回は気が緩んだのか、長女を前に乗せた後、
本流に出ながら飛び乗った。

立て膝状態から、足を中に入れようと腰を浮かした所で、
バランスを崩して”沈”
両手は腰を浮かすために塞がっていてリカバリ出来なかった。

さらにその後が不味かった。
沈脱して顔を上げたら、なんと目の前に遊船
『すいません、すいません』と云いながら、
何とかフネを押して浅瀬まで泳いだ。
船頭さんには、『出る時は後ろ確認してよ!』
と怒られた。
反省


気を取り直して中州に上陸。



中州に上陸して”小滝の瀬”を偵察。
前回の偵察時よりは大分水量が少ない様だが・・・・・
(白っぽいのは、レンズが内側から曇った為。)



小滝を偵察する長女。




突き当たって右に90度曲がるところを、
内(中州)側から撮影。




前回偵察した時より水量は減っているとはいえ、
我々親子にとっては過去最大の瀬である事には変わりない。
流れを見ながら、コース取りを一応は考えるが、
沈は不可避の様に思えた。
しかし、ここでやめる訳にも行かない。
一応右岸側のチキンコースも見たが、あまりにもつまらない。
『小滝を下らずして長瀞に来た意味があるか!?』
流れの雰囲気から、まあ、沈したとしても安全上は大丈夫だろう。と踏んだ。


いよいよ”小滝の瀬”に突入。



そして、我々は奇跡的に、沈することなく無事に小滝の瀬をクリアした。
残念ながら、その過程の写真はない。
(当然、写真どころではない)
ファルトボートの安定性は相当いい。しかも2人っている。
とにかく、流れに対して艇をまっすぐにする事を心がけた。


小滝下流の瀞場。左は岩畳。




”透明感”
場所は不確か。水抜きに上陸する際に撮影。
水深1m弱(多分)の所で水面直下から、河床方向を撮影。
このように、透明度は全般的に良かった。
足がつかないような深いところでも、底の岩が見える。

匂いも無臭。
ただ、長瀞駅付近の遊船の発着場を通り過ぎたときは、ほんのり匂いがした。
入間川とおなじ下水臭。

ちなみに折角かったビルジポンプは家においてきてしまった。




前方に金石水道橋。




高砂橋に接近。もう直ぐGOAL。




ガイド本には色々な瀬が出ているが、
この日楽しめたのは、”鉄橋の瀬”、”セイゴの瀬”、”小滝の瀬”だろう。
いずれも、沢井以降の多摩川よりウエーブとして大きい。
小滝以降は、それほど楽しい瀬もなかった。

その他感想としては、やたら『隠れ岩』が多かった。
遊船が通るから、整備しているんだろうけど、コース取りが適当な所為か、 隠れ岩にあたる。

多摩川とどっちがいいか。
うーん。

”くつなしの瀬とうんこ”
 とにかく河原にうんこが多かった。 田舎の人は、もって帰らないんだろうか・・・・



もどる    TOP

Copyright(C) 2002-2003 Umi Yamakawa all rights reserved.