偵察編
canoe logo

長瀞偵察 2002.10.05

  多摩川の次は荒川だ。
  来るべき長瀞ダウンリバーに備えて、
  川遊びを兼ねて、偵察した。

  ちなみに駐車場のおばさんの話では、この日は増水していて、
  普段より3割水かさが多いとの事。
  帰りに立ち寄ったカヌーショップによると、増水していて3倍との事。

  おそらく、どっちかが聞き間違えだ。
  ただ、普段より多い事は間違いない。
  
  アプローチ
  アウトドアセンタ長瀞の駐車場(¥500)に車を入れる。
  駐車場から木立を抜けると直ぐに河原だ。
  ちょうどセイゴの瀬の下にでる。
  
親鼻橋下流の秩父鉄道の鉄橋。

nagatoro セイゴの瀬より、上流方向を望む。



まずはセイゴの瀬

nagatoro とりあえず全景。
見た感じ、2級+って感じ。


nagatoro まあ、なんとかなるか、沈するか。
ちょっとウエーブが大きいが・・・



nagatoro


nagatoro 下流方向を望む。



nagatoro さらに少し下ったあたり。



nagatoro あそぶ子達。





そして小滝の瀬
  長瀞最大の瀬とされる小滝の瀬。
  ここを避けて通る訳にも行かない。

nagatoro まずはエントリ部分。


nagatoro その拡大図。⇒
まだ大した事ない。



nagatoro 全景その1



nagatoro 全景その2



nagatoro 全景その3
大岩にぶつかって右折。
その辺が一番激しそう。



nagatoro 上の写真の突き当たりの岩から上流を望む。



nagatoro パドラーがやってきた。
体が90度近く傾くが、
無事クリア。
ラフトも時折通過。
カヤックには大変そうだが、
ラフトは、『別に』って感じで下っていく。



nagatoro 突き当たりの岩を水面近くまで降りてみる。
上流方向を撮影。
流石に激しい。

この水量だと、my canoeに長女をのせて下るのは、ちょっと(とても)自信ない。




nagatoro 小滝の瀬を過ぎるとこんな感じ。
岩畳のしたの瀞場。

【釣り人】
今回釣り人を見かけなかった。
果たして長瀞はそうなのか!
と思ったが、カヌーショップで聞いてみたら
『増水して釣れないからいないんです。』
との事。

【水の匂い】
セイゴの瀬のあたりで、
すくって嗅いで見た。
無臭。




高砂橋(たぶん)から

nagatoro 上流方向



nagatoro 下流方向



nagatoro 橋より真下




白鳥橋から

nagatoro 上流方向



nagatoro その拡大図



nagatoro 下流方向



nagatoro その拡大図




寄居橋から

nagatoro 上流方向



nagatoro 下流方向

秩父線の『波久礼駅』が近いが、
どうやら上陸できそうな感じではない。




偵察を終えて

 この日の水量なら、小滝を下る前にスクールの門を叩く必要があるだろう。
 水質は、匂いは無臭。色は温泉色。いずれも多摩川(沢井付近)と同じ感じだ。
 水温は多摩川より高かった。




もどる    TOP

Copyright(C) 2002-2003 Umi Yamakawa all rights reserved.